吉本新喜劇とは?

吉本新喜劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/08 04:57 UTC 版)

吉本新喜劇(よしもとしんきげき)は、日本の芸能事務所、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(2007年9月までは吉本興業)に所属するお笑い芸人によって舞台上で演じられる喜劇、およびそれを演じる劇団の名称である。




[ヘルプ]
  1. ^ 関西の子供たちは、このテレビ放送でボケとツッコミを覚え、立派な関西人になるとされる(岩本 2009参照)。
  2. ^ その後、2011年12月23日の特番を経て、2012年7月15日より『よしもと情熱コメディ〜TVのウラ側で大騒ぎ!モンスターAD奮闘記〜』としてレギュラー放送再開。
  3. ^ お留守番日記4 - 浅香あき恵「あき恵ちゃんのチョベリグ日記」 - Yahoo!ブログ
  4. ^ 2011年7月2日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ)での今田耕司の発言より。なお、オール巨人ブログでは2009年から禁止と説明されている。
  5. ^ 酒井藍が吉本新喜劇座長に就任決定! 史上初の"女座長"が誕生!吉本新喜劇公式ホームページ
  6. ^ ヒット曲の『アホの坂田』など吉本タレントが唄う歌謡曲の作詞も多く手掛け、新喜劇50周年(2009年)記念公演の監修に当たった。現在、吉本興業文芸顧問、帝京平成大学現代ライフ学部教授、帝塚山学院大学文学部講師、大阪市「上方芸能文化顕彰」選考委員。
  7. ^ 竹本と共に吉本新喜劇を立ち挙げ隆盛させた作・演出家であり、現在も特別公演では脚本・演出を担当する一方で、後進の育成も手掛けている。
  8. ^ 『上方芸能・笑いの放送史』(澤田隆治著、日本放送出版協会1994年
  9. ^ 他の3人と同様、ニューリーダーの打診があったがTV番組出演の関係で見送られた。
  10. ^ 「桃色つるべ」初の大阪ロケ、新喜劇でももクロバージョン乳首ドリル披露”. お笑いナタリー (2015年6月15日). 2015年8月15日閲覧。
  11. ^ 過去には木村進の提案で1987年から「うめだ花月」で同様のトークが行われていたことがある
  12. ^ 告知チラシ
  13. ^ 福本はいつになったら研究生から昇格するのか、というファンからの質問に対する川畑泰史の返答
  14. ^ “福本愛菜、夢は新喜劇で愛にゃん波動砲”. 日刊スポーツ. (2013年7月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130708-1154186.html 2013年7月8日閲覧。 
  15. ^ キラキラ生活の火曜日★バイキング - フジテレビ
  16. ^ 番組情報 - バラエティー生活笑百科 - NHKNHK 大阪放送局 | 番組情報 | バラエティー生活笑百科”. NHK大阪放送局. 2013年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月3日閲覧。
  17. ^ 曾我廼家五郎一門の曽我廼家蝶五郎の門下、漫才では松葉蝶子香島ラッキーを相方にしていた
  18. ^ 木戸新太郎作家の友村順一に師事、「ポンカラキンカンコン」のギャグで新喜劇草創期を支えた。
  19. ^ づぼらや」の板前出身、1967年1月入団、的場達雄門下で殺陣を得意とした。いわゆるデブ体型でクールながら三枚目な脇役として活躍し人気を博したが、借金問題で退団した。
  20. ^ 戦前から大船松竹、吉本、エノケン一座、宝塚新芸座を経て1962年入団、老け役専門
  21. ^ 元大江将夫夫人。戦前から吉本の軽演劇、島陽之助一座、エンタツ劇団を経て開場の1959年から出演、当時、特に涙ものを演らせれば右に出る者は皆無だった。
  22. ^ 中田ダイマルの一番弟子、玉松キャップ・中田チャックのコンビで漫才や新喜劇に出演
  23. ^ 玉松一郎の一番弟子、玉松キャップ・中田チャックのコンビで漫才や新喜劇に出演
  24. ^ 元漫才師、三遊亭柳枝は柳枝劇団を経て1963年吉本新喜劇入り1991年に松竹芸能松竹新喜劇)に移籍、現在はフリーとなりテレビドラマ、舞台で活躍
  25. ^ 明石家電視台に出演時の発言
  26. ^ 父は漫才師の秋山右楽、酒が災いし早世、二枚目路線。
  27. ^ 戦後「夢の王国・キドシン一座」を結成した東京の軽演劇の旗手の一人だった。弟子に茶川一郎、守住清がいる。
  28. ^ 「シミキン」の愛称で戦前から榎本健一古川ロッパと並ぶ喜劇スター。
  29. ^ 初代ミスワカナと漫才コンビを組んだ漫才師。
  30. ^ 博多仁輪加の大御所。主に婆さん役、のち松竹新喜劇へ移籍。晩年は松竹喜楽座座長を務めた。
  31. ^ 戦前から軽演劇フランス座のコメディアンで活躍。「ホント チートモ知らなかったワー」のギャグが有名
  32. ^ ガールズケイリン公式ブログ (2013年7月1日). “NGKからNKG”. 2013年7月15日閲覧。
  33. ^ 吉本新喜劇座長、川畑泰史が離婚 私生活でもコケる[リンク切れ] MSN産経ニュース 2012年5月27日
  34. ^ シェイクダウン。 ザ・プラン9 お〜い!久馬のblog 「歩記」、2015年01月21日より
  35. ^ 松原隆一郎は、客との合意の上で成立する、何年も使ったギャグを知っていることを前提とした笑いであるとする。また尾上圭介は、大阪では面白いヒトで笑う傾向があり、お決まりキャラクターで笑わせる面が強いとする(岩本 2009)。
  36. ^ 阪田真己子は、ズッコケることで笑いどころを視覚的合図として送るという信頼関係が構築されており、それを受け入れない部外者には理解できず時に怒りさえ覚える、とする。(岩本 2009)。


「吉本新喜劇」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉本新喜劇」の関連用語

吉本新喜劇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プラズマアーク溶接

コリドラス・ボンディ

専用通行帯

毒鉄鉱

宮内原疏水

犬走り

梯川

戸邉直人





吉本新喜劇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉本新喜劇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS