吉原重俊とは?

吉原 重俊 (よしはら しげとし)

吉原 重俊


氏 名
就 任
退 任
出身県:
吉原 重俊 (よしはら しげとし
明治15.10. 6
明治20.12.19
鹿児島県


 吉原重俊は、弘化2年1845年)に薩摩藩の子として生まれました。12才で漢文読みこなすなど若くして俊才の名を轟かせたと言われ、慶應2年1866年)に藩から選ばれて米英両国留学します。留学中明治5年外務省書記官となり、在米日本大使館勤務しますが、その後大蔵省転じて大蔵卿松方正義の下で活躍しました。明治13年大蔵少輔次官)となり、在任中の明治15年日本銀行創立事務委員任命され、日本銀行設立とともに初代総裁就任しました。

 総裁としては、当時政府全国各地の「国立銀行」が発行していた不換紙幣回収整理を進め、日本銀行発行する兌換銀行券現金通貨中心とすることに尽力したほか、手形小切手流通推進するなど、近代的金融制度整備に努めました。

 しかしながら病魔に冒された彼は明治20年12月総裁現職のまま死去しました。43歳という若すぎる死でした。

出典広報誌にちぎんクオータリー1997年夏季号)』)


吉原重俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/19 14:00 UTC 版)

吉原 重俊(よしはら しげとし、弘化2年4月10日1845年5月15日) - 明治20年(1887年12月19日)は、江戸時代末期(幕末期)の薩摩藩士、明治の官僚日本銀行初代総裁。薩摩藩藩校造士館に学んだ攘夷派志士であったが、薩摩藩第二次米国留学生としてアメリカ合衆国イエール大学初の日本人留学生として政治・法律学を学ぶ。岩倉使節団ワシントンで現地参加し、帰朝後は外務省書記官となり、大蔵省に転じて大蔵卿松方正義の下で活躍した。横浜税関長、租税局長を務め初代の日銀総裁となった。




  1. ^ 『大久保利通日記』第二巻、日本史籍協会、126頁。
  2. ^ 公爵島津家編纂所編『薩藩海軍史』中巻。560頁。
  3. ^ W.E Griffis「A maker of the New Orient:Samuel Robbins Brown」。ブラウン牧師の伝記であり、彼はフルベッキヘボン等とともに日本の若者達にキリスト教精神を伝えた。
  4. ^ 高橋 秀悦 「「海舟日記」に見る「忘れられた元日銀總裁」富田鐵之助」東北学院大学経済学論集 第182号 100頁
  5. ^ 犬塚孝明『明治維新対外関係史研究』吉川弘文館、134〜144頁。
  6. ^ 大山巌伝刊行会編『元帥公爵大山巌』、1935年、339頁に「3月10日夜、元帥は『フランクフルト』に向かって出発する大原を停車場に送って左の一詩を贈った」とある。
  7. ^ 吉野俊彦『歴代日本銀行総裁論』毎日新聞社、1976年、11〜23頁。
  8. ^ 吉野俊彦『忘れられた元日銀総裁 富田鉄之助伝』東洋経済新報社、1974年、69頁。
  9. ^ 『交詢社百年史』交詢社、1983年、52頁。


「吉原重俊」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉原重俊」の関連用語

吉原重俊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

深井英五

佐々木直

松尾臣善

松下康雄

土方久徴

三重野康

池田成彬

前川春雄





吉原重俊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本銀行日本銀行
Copyright 1996-2017 Bank of Japan All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉原重俊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS