右傾化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 右傾化の意味・解説 

右傾化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

右傾化

読み方:うけいか

思想外交姿勢などが右翼傾向強めること、以前よりも右翼的な態度推移することなどを指す表現

右傾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/31 16:57 UTC 版)

(右傾化 から転送)

右傾(うけい)または右傾化(うけいか)とは、元々左翼中道的だったものが保守的、反共的国粋主義的になったり、元来から右翼的であったものが一層右翼的傾向を強めること。反意語は左傾[1]


  1. ^ うけい【右傾】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
  2. ^ 日本共産党 『社会党の右転落と革新統一への展望』(1980年12月)など
  3. ^ 深まる世界同時不況、台頭する経済ナショナリズム 国際ニュース AFP
  4. ^ ヨーロッパに押し寄せる右翼ナショナリズムの波 人民新聞
  5. ^ 「マンガ嫌韓流」で思い起こすナチス台頭の顛末 JanJanニュース
  6. ^ “「日本は右傾化」戦後最も対決的と米紙”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2012年9月22日). http://megalodon.jp/2012-0923-0138-12/sankei.jp.msn.com/world/news/120922/amr12092216230005-n1.htm 2013年8月1日閲覧。 
  7. ^ “アジア、安倍氏の外交・安保注視 右傾化警戒も”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年12月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1700M_X11C12A2EB2000/ 2013年8月1日閲覧。 
  8. ^ “世迷言(2012年12月27日付)”. 東海新報. (2012年12月27日). http://www.tohkaishimpo.com/scripts/column.cgi 2013年8月1日閲覧。 
  9. ^ “読者の右傾化?不満の表れ?「愛国エンタメ小説」が人気”. 朝日新聞. (2013年6月19日). http://www.asahi.com/national/update/0617/TKY201306170494.html 2013年12月29日閲覧。 
  10. ^ “【坂本龍一×東京新聞】対談<下>心を開かせる 伝え方”. 東京新聞. (2013年12月26日). http://www.tokyo-np.co.jp/feature/sakamoto/list/131226_3.html 2013年12月29日閲覧。 
  11. ^ “売れるから「嫌中憎韓」 書店に専用棚/週刊誌、何度も扱う”. 朝日新聞. (2014年2月11日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S10972937.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S10972937 2014年2月11日閲覧。 
  12. ^ “田母神氏、60万票の意味 「ネット保守」の支持”. 朝日新聞. (2014年2月11日). http://digital.asahi.com/articles/ASG2B4GFMG2BUTFK11C.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG2B4GFMG2BUTFK11C 2014年2月11日閲覧。 
  13. ^ 特異な歴史観で田母神候補応援 百田氏の異常な言動とNHK経営委員の資格しんぶん赤旗 2014年2月5日


「右傾」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

右傾化に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「右傾化」の関連用語

右傾化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




右傾化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの右傾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS