叩打法とは?

叩打法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/07 22:19 UTC 版)

身体の表面術者の手指ですばやく打ち、叩く方法である。力が深部達するような叩き方は避け関節滑らかに動かして弾力をつけて左右の手交互に叩くことが重要である。作用としては断続刺激リズミカル作用するので筋、神経の興奮性を高め血行をよくし、機能亢進させる。 手拳打法 軽く握った拳で叩く手技。 切打法 開いた手の小指側の縁で叩く手技多く場合両手交互に動かしてほぼ同一部位に行う。 指頭叩打法 四指の指頭で叩く手技頭部などに用いる。 合掌打法 両手掌を合わせ、その小指側の縁で叩く手技肩上部などで用いる。 含気打法 左右の手掌を交差てあわせ中に空気蓄えるようにして一方の手背で叩く手技古名は袋手の術。肩上部などで用いる。

※この「叩打法」の解説は、「按摩」の解説の一部です。» 「按摩」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

叩打法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「叩打法」の関連用語

叩打法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




叩打法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの按摩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS