口蓋骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 口蓋骨の意味・解説 

口蓋骨

読み方こうがいこつ
【英】:Os palatinum,Palatine bone

口蓋骨は骨口蓋後面鼻腔外側壁の後部作る有対性の薄い骨である。上顎骨蝶形骨の間にはさまれたL字型の骨で、平板と垂直板に区別される。平板上顎骨口蓋突起をうしろに延長して骨口蓋をつくる上部で、上面鼻腔面)は滑らかで、他側のものと会する縁は上顎骨におけると同じく高まり(鼻稜)、さらにうしろに向かって突出する(後鼻)。下面口蓋面)は粗面で、へこみ、前縁にときに高まり(口蓋稜)がみられ、外側後方大口蓋孔がある。垂直板はうすく、前方上顎骨体の内側重なり上顎洞入口一部を後下からおおう。うしろは蝶形骨翼状突起につくが、平板移行するところから後方錐体突起が出て、翼状突起外側板と内側板の間につくられるうしろに向かう凹み翼突窩)の下縁にある翼突切痕嵌入する。垂直板の内側面は鼻腔外側壁の後部をつくり、前後に走る上下二つの稜があり、上のもの(篩骨稜)には中鼻甲介後端がつき、下のもの(鼻甲介稜)は発達よく、下鼻甲介をつける垂直板の上縁は深く切れ込むが(蝶口蓋切痕)、上方蝶形骨体があるので孔(翼口蓋孔)となり、鼻腔翼口蓋窩連絡する。蝶口蓋切痕の前の突起眼窩突起)はうしろの突起蝶形骨突起)より大きく上前方に向かって5面あり、内側の3面は他骨との接触面で、前は上顎骨、中のは篩骨(この部分篩骨洞おおうためへこむ)、うしろのは蝶形骨体につく。外側面に2面あり、ともに自由面で、上の面は眼窩底の一番後ろをつくり、下の面は翼口蓋窩面する蝶形骨突起上内方に向かい下面内面鼻腔外側壁をつくり、上(外)面は翼状突起につき、内方にのびて鋤骨翼達し、これと静脈のとおる管(咽頭管)をかこむ。垂直板の外側面(上顎面)は上顎骨体内面をおおう部のうしろに、縦の前後二つ粗面があり、前のは上顎骨内面に、うしろのは蝶形骨翼状突起につく。2面の間には蝶口蓋切痕から下る第3の面があって、上は翼口蓋窩の底をつくり、下方は垂直な溝(大口蓋溝)となり、上顎骨同名溝と合して大口蓋管をつくり、大口蓋孔口蓋にひらく。大口蓋神経下行口蓋動脈が通る。この管から通常本の小管(小口蓋管)が分かれて、錐体突起基部つらぬき、その下面下、内側小孔小口蓋孔)でひらく。

A02113001a.jpg (14360 バイト)

A02113001b.jpg (20684 バイト)


口蓋骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/02/05 17:43 UTC 版)

口蓋骨(こうがいこつ、ラテン語名 Os palatinum)とは、口蓋部を構成するである。


  1. ^ a b c 森ら, p.86


「口蓋骨」の続きの解説一覧





口蓋骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「口蓋骨」の関連用語

口蓋骨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

頚椎

胸郭

前腕の骨

足の骨

胸郭

寛骨

大腿骨

肩甲骨





口蓋骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口蓋骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS