原付とは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > 原付の意味・解説 

原付

【別称】原動機付自転車
原動機付き自転車の略。一般的にヤマハメイトのようなビジネスバイクビーノジョグなどのスクーター指していうことが多いが、厳密にいうと125cc以下のバイクはすべて原付に分類される。 原付には一種(50cc以下)と二種(51cc以上125cc以下)があって、一種二段階右折をしなければならない場合があったり、最高時速が30km/hという制限もある。二種は高速道路を走れないことを除けばほぼ車と一緒。 また一種と二種では運転に必要な免許異なる。一種は原付免許(普通自動車運転免許でも可)で運転できるのに対して、二種は普通自動二輪(小型限定でも可)、または大型自動二輪免許が必要となる。このため通常「原付」という場合一種のみを指すことが多い。 二種はピンク色(91cc以上125cc以下)か黄色(51cc以上90cc以下)のナンバープレートで、二人乗りが可能なモデルには、フロントフェンダーに白い帯、後ろには三角形の白いマークついているちなみに原付二種は、自家用車保険ついている原付特約(保険会社によって名称は違う)」の対象内であることが多く、250ccや400cc以上のバイク比べて、保険料の面で有利な場合があることも付け加えておこう。そんな経済的特徴から原付二種通勤・通学に使われることが多い。
原付


原動機付自転車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/05 02:25 UTC 版)

(原付 から転送)

原動機付自転車(げんどうきつきじてんしゃ)とは、日本の法規における車両区分のひとつである。道路交通法では50cc以下 (電動機の場合は定格出力0.6kW以下)、道路運送車両法では125cc以下 (電動機の場合は定格出力1.0kW以下)の原動機を備えた二輪車が該当し、法規上の条件を満たせば三輪、あるいは四輪のものもこの区分に該当する場合がある。省略して原付(げんつき)と呼ばれることも多い。




[ヘルプ]
  1. ^ ウェブアーカイブ - 日本自動車工業会「二輪車販売台数の内訳(2012年時点)」より
  2. ^ 道路交通法第六章第三節より。
  3. ^ 道路交通法施行令第三章第十一条より。30km/hを超える最高速度が指定されている道路であっても、30km/h以下で走行しなければならない。
  4. ^ 片側(一方通行の場合は道路)三車線以上で「原動機付自転車の右折方法(小回り)」の標識が無い場合又は車線数に係らず「原動機付自転車の右折方法(二段階)」が設置されている場合
  5. ^ 道路交通法第六節第三十四条第五項より。
  6. ^ 規制改革集中受付期間/全国規模での規制改革要望に対する回答への再検討要請(PDF-P.4「原動機付自転車の最高速度制限の緩和」管理コードZ0100070
  7. ^ 二輪車特別委員会の調査提言書「二輪車の利用環境デザイン」(PDF)
  8. ^ 八重洲出版 雑誌 モーターサイクリスト 2009年5月-11月号の集中連載記事「50ccはいらない?」第1回~第7回。二輪販売業関係者の提言は第5回と第6回、二輪車特別委員会委員長の免許制度の技能講習案の詳しい説明は第7回


「原動機付自転車」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

原付に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「原付」の関連用語

原付のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フルフェイス

チェーンルーブ

立ちゴケ

ブラインドコーナー

OHC

シールチェーン

オイルクーラー

グラブバー





原付のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原動機付自転車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS