南画とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 南画の意味・解説 

なん が -ぐわ [0] 【南画】

南宗(なんしゆう)画」の略。
中国南宗画影響を受けて,江戸中期から盛んに描かれた中国趣味の濃い画派の絵の総称祇園南海雅園らに始まり池大雅与謝蕪村らが創意加え日本独自の様式大成した。日本独特のものとなったため区別して南宗画の略称である「南画」の語が用いられる。文人画とも称される。

南画

読み方:ナンガnanga

画院画家でなく士大夫である文人高士趣味として描いた画。

別名 文人画(ぶんじんが)


南画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/02 15:01 UTC 版)

南画(なんが)とは、中国の南宗画に由来する 日本的解釈の江戸時代中期以降の画派・画様の用語である。文人画ともいう。


  1. ^ 『画禅室随筆』巻二「禪家有南北二宗,唐時始分畫之。南北二宗,亦唐時分也,但其人非南北耳。北宗則李司訓父子。著色山水,流傳而為宋之趙幹、趙伯駒、趙伯粛,以至馬夏(馬遠夏珪)輩。南宗則王摩詰(王維)始用渲淡,一變鉤斫之法,其傳為張躁、荊關(荊浩と関同)、郭忠恕、董巨(董源、巨然)、米家父子(米芾米友仁。以至元之四大家(黄公望倪瓚呉鎮王蒙),亦如六祖之后,有馬駒(以下略) http://zh.wikisource.org/wiki/%E7%95%AB%E7%A6%AA%E5%AE%A4%E9%9A%A8%E7%AD%86/%E5%8D%B7%E4%BA%8C
  2. ^ 『絵事鄙言』二十四丁表「近衛公ノ戯墨惺々翁宗達光琳ナトハ本朝ノ南宗トモ言ハンカ」


「南画」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南画」の関連用語

南画のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アフリカンマホガニー

インテグラルナイフ

藤田敦史

フエダイ

NGC3587

ニュルブルクリンク

iPod nano

後頭骨





南画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS