南氷洋とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 海の事典 > 南氷洋の意味・解説 

なんぴょう よう -やう 【南氷洋】 ◇

南極海の別名。

南大洋(なんたいよう)Southern Ocean

南極環海なんきょくかんかいAntarctic Circumpolar Waters
南氷洋(なんぴょうようAntarctic Ocean
南極海なんきょくかいAntarctic Ocean

南極大陸環状取り巻く海、南極大陸から南緯40ないしは亜熱帯前線までを言う。南極環海あるいは南極海・南氷洋とも呼ばれる。南大洋は南極前線によって、それより南極大陸よりの南極圏と、北側の亜南極圏に分けられる。南氷洋・南極海という呼び名は、南極圏部分を指すことが多い。南大洋はその中で東西地球巡り得る唯一の大洋であり、太平洋大西洋インド洋結び付けている海であることから、また冬季における高密度の深層水生成域として海洋学上重要である。

南氷洋

作者鈴木光司

収載図書海の物語
出版社角川書店
刊行年月2001.7
シリーズ名New History


南極海

(南氷洋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/14 05:12 UTC 版)

南極海(なんきょくかい、英語: Southern Ocean)は、南極大陸のまわりを囲む、南緯60度以南の海域である[1]南大洋(なんたいよう)や南氷洋(なんぴょうよう)、南極洋(なんきょくよう)とも呼ばれる。世界で最も南にある海である。五大洋のうちでは、太平洋、大西洋、インド洋に次ぐ第4位の大きさであり、北極海よりも広い[2]。南極海の北の境界は地理学者たちの間でも厳密には合意が得られておらず、太平洋、大西洋、インド洋との間にはどちらに所属するか意見の分かれる海域が存在している。何人かの学者は南極海は60度で分割されるのではなく、季節によって変動する南極収束線に合わせるべきと主張している。[3]オーストラリアは、オーストラリア南岸以南のすべての海域を南極海に含めるべきと主張している[4][5]










英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

南氷洋に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「南氷洋」の関連用語

南氷洋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

女遊戸海水浴場

細麺

栄昌猪

EMONSTER lite

KTM 125 EXC

出雲日御碕灯台

トライトン

白天





南氷洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2017 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南極海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS