千葉大学とは?

千葉大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 04:02 UTC 版)

千葉大学(ちばだいがく、英語: Chiba University)は、千葉県千葉市稲毛区弥生町1番33号に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は特になく、千葉大と呼ばれる。書面では千大と記されているものがある。旧制六医科大学からの流れを汲む、旧官立大学の一つである。




[ヘルプ]
  1. ^ 学部学生|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  2. ^ 大学院学生|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  3. ^ 教職員数|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  4. ^ 理念と目標(千葉大学憲章)|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  5. ^ 文部科学省「平成26年度入試における飛び入学実施大学」
  6. ^ 先進科学プログラム9月入学(秋飛び入学)の実施について 平成25年10月17日
  7. ^ プログラムの概要|千葉大学先進科学センター [飛び入学]
  8. ^ “飛び入学、私の場合 千葉大卒業生10人にきく”. 朝日新聞デジタル(朝日新聞). (2014年5月2日). オリジナル2015年6月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150613132009/http://www.asahi.com/articles/DA3S11114698.html 
  9. ^ 先進科学センター入試データ
  10. ^ 平成23年度協定等に基づく日本人学生派遣数の多い大学
  11. ^ 平成24年度協定等に基づく日本人学生派遣数の多い大学
  12. ^ 平成25年度協定等に基づく日本人学生派遣数の多い大学
  13. ^ 平成26年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果
  14. ^ 大学の歴史トリビア|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  15. ^ 留学生課程 - 東京外国語大学
  16. ^ 国際化の方針|グローバル|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  17. ^ 平成24年度文部科学省事業採択大学
  18. ^ マイナビニュース 文科省のスーパーグローバル大学創成支援、国際化を推進する37大学を選定2014/09/26
  19. ^ 日本経済新聞 千葉大、16年に新学部 グローバル人材の育成加速 2014/10/1 6:00
  20. ^ 千葉大学は、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されました|ニュース・イベント情報|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  21. ^ World University Rankings 2017 _ Times Higher Education (THE)
  22. ^ ARWU World University Rankings 2016 _ Academic Ranking of World Universities 2016 _ Top 500 universities _ Shanghai Ranking - 2016
  23. ^ QS World University Rankings 2016-2017 _ Top Universities
  24. ^ 学歌・学旗|大学案内|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  25. ^ 「底力宣言!千葉大学」を発表しました |ニュース・イベント情報|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  26. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、講座として、哲学、認知情報科学、心理学、社会学、文化人類学、文化財学、図像情報史学、歴史学、日本言語文化論、ユーラシア言語文化論、比較文化論、文芸様態論、言語文化構造論がある。いずれも修士講座。
  27. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、講座として、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、造形教育、身体・スポーツ教育、技術教育、生活科教育、家庭科教育、英語教育、障害児教育、幼児教育、養護教育、教育学、教育心理学がある。いずれも修士講座。
  28. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、講座として、基礎法学、公法学、民事法学、国際関係法、政策法、政治学、理論経済学、計量分析学、応用経済学、国際比較論、経営管理科学、会計財務科学、都市政策、福祉政策、国際政策、国際地域社会がある。いずれも修士講座。
  29. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、代数、幾何、基礎解析、応用解析、確率・統計、情報数理がある。
  30. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、素粒子宇宙物理学、量子多体系物理学、凝縮系物理学がある。
  31. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、基礎物質化学、機能物質化学がある。
  32. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、分子細胞生物学、多様性生物学がある。
  33. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、地球内部科学、地球表層科学がある。
  34. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、基礎医学、社会医学、内科病態学、外科病態学がある。
  35. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、医療薬学、生命環境薬学がある。
  36. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、分子医薬科学、創薬生命科学がある。
  37. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、基礎看護学、母子看護学、成人・老人看護学、地域看護学がある。
  38. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、都市空間計画、都市基盤工学、都市環境工学、都市情報工学がある。
  39. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、住環境創造デザイン、環境形成マネジメント、構造安全計画がある。
  40. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、生産システム、情報コミュニケーション、環境ヒューマノミクスがある。
  41. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、材料・強度・変形、加工・要素、システム・制御・生体工学、環境・熱流体エネルギーがある。
  42. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、波動・回路、物性・デバイス、システム・制御、情報・通信がある。
  43. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、ナノ分子物性工学、ナノ量子物性工学、ナノ基礎物性理論がある。
  44. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、メディカル情報工学、メディカル機器工学がある。
  45. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、画像化学、画像応用物理、画像表現がある。
  46. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、情報システム基盤、認識情報処理、物理情報・視覚工学、色彩画像工学がある。
  47. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、バイオ機能化学、環境調和分子化学、無機・計測化学、資源プロセス化学がある。
  48. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、栽培・育種学、生物生産環境学がある。
  49. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、応用生命化学がある。
  50. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、環境造園学、緑地科学、環境健康学がある。
  51. ^ 千葉大学講座等に関する規程によると、学科目として、フードシステム学、資源環境経済学がある。
  52. ^ 千葉大 新学部を正式認可 国立大初の「国際教養」東京新聞-2015/09/03
  53. ^ 千葉大学教育学部「千葉大学教育学部が教員正規採用率全国第1位になりました。」
  54. ^ 千葉大学教育学部「平成22年3月卒業生の正規採用教員就職率が全国第1位」
  55. ^ 学部はいま 経済系学部 「量産型」を卒業 千葉大、法・政治と一体で/東大、幅広い教養強み 2014/12/29付
  56. ^ 経済学コース
  57. ^ 文部科学省「教育関係共同利用 認定拠点一覧(平成25年8月2日現在)」
  58. ^ 2016年入学生用の学校教育科学専攻リーフレット[1]によると、主な研究領域(分野)は、学校心理学、学習・動機づけ心理学、発達心理学、保育・幼児教育、特別支援教育、学校ヘルスプロモーション、養護教育。
  59. ^ 2016年入学生用の学校教育科学専攻リーフレットによると、主な研究領域(分野)は、カリキュラム開発に関する領域(新しい教育方法・教育内容の開発、教育実践を基にした授業づくり、ICT・デジタル機器を活用した授業づくり)、生活科・総合的学習、キャリア教育、ものづくり教育等、新しい分野の授業開発。
  60. ^ 2016年入学生用の学校教育科学専攻リーフレットによると、主な研究領域(分野)は、国語教育、英語教育、社会科教育、家庭科教育。
  61. ^ 2016年入学生用の学校教育科学専攻リーフレットによると、主な研究領域(分野)は、理科教育、数学教育、技術教育を中心として、教育工学を含む各分野。
  62. ^ 2016年入学生用の学校教育科学専攻リーフレットによると、主な研究領域(分野)は、音楽教育、美術教育、体育。
  63. ^ 専攻、コース、教育研究領域の構成は、2016年入学生用の理学研究科案内[2]による。
  64. ^ 理学研究科案内によると、分野として、素粒子物理学、粒子線物理学、宇宙物理学がある。
  65. ^ 理学研究科案内によると、分野として、原子核物理学、強相関電子系物理学、ナノサイエンスがある。
  66. ^ 理学研究科案内によると、分野として、電子物性物理学、光物性・量子伝導物理学、生命・非線形非平衡物理学がある。
  67. ^ 講座、教育研究分野の構成は、2016年度入学生用の学生募集要項(博士前期課程[3]、後期課程[4])による。
  68. ^ 講座、教育研究分野の構成は、2015年度入学生用の学生募集要項[5]による。
  69. ^ 2015年度入学生用の学生募集要項[6]による教育研究組織。
  70. ^ 専攻、コース、教育研究領域の構成は、2016年入学生用の工学研究科案内[7]による。
  71. ^ 園芸学研究科のホームページ[8]によると、栽培・育種学領域(栽培学分野、育種学分野がある)、生物生産環境学領域(物理環境分野、生物環境分野、化学環境分野)、応用生命化学領域(生命分子化学分野、生物資源化学分野)がある。
  72. ^ 園芸学研究科のホームページ[9]によると、環境造園学領域(環境造園計画学分野、環境造園デザイン学分野、環境造園管理学分野)、緑地科学(緑地環境システム学分野、緑地環境資源学分野)、環境健康学がある。
  73. ^ 園芸学研究科のホームページ[10]によると、フードシステム学分野、資源環境経済学分野がある。
  74. ^ 専攻、教育研究分野の構成は、2016年入学生用の人文社会科学研究科案内[11]による。
  75. ^ 専攻、教育研究分野の構成は、2016年入学生用の人文社会科学研究科案内による。
  76. ^ 専攻、コース、教育研究領域の構成は、2016年入学生用の融合科学研究科案内[12]による。
  77. ^ 先端医学薬学専攻の「初期受け入れコース」としても位置づけられ、学生は入学後、自らの研究計画を立案することに伴い、随時、他の3コースに移行することも可能
  78. ^ 文部科学省 平成26年度各法科大学院の入学者選抜実施状況等
  79. ^ 文部科学省 法科大学院別司法試験累計合格者数等(累計合格率順)
  80. ^ 千葉大学環境リモートセンシング研究センター規程によると、リモートセンシング基盤研究領域、リモートセンシング複合研究領域、衛星データ処理室がある。
  81. ^ 千葉大学真菌医学研究センター規程によると、感染免疫分野、病原機能分野、臨床感染症分野、感染症制御分野、微生物資源分野がある。
  82. ^ 千葉大学統合情報センター規程によると、大学情報企画運営部門、情報法務・評価部門、情報教育部門、学術情報部門、高速計算部門がある。
  83. ^ 千葉大学言語教育センター規程によると、英語部門、初修外国語部門、日本語部門がある。
  84. ^ 千葉大学海洋バイオシステム研究センター規程によると、研究分野に、現海洋バイオシステム研究分野、システム解析研究分野がある。また、銚子実験場(千葉県銚子市外川1-10835-6)を設けている。
  85. ^ 千葉大学社会精神保健教育研究センター規程によると、法システム研究部門、病態解析研究部門、治療・社会復帰支援研究部門、非行臨床研究部門がある。
  86. ^ 千葉大学予防医学センター規程によると、環境予防医学研究部門、社会予防医学研究部門、臨床予防医学研究部門がある。
  87. ^ 千葉大学未来医療教育研究センター規程によると、探索的先端治療学部門、未来医療推進科学部門、未来医療評価科学部門、未来医療検証科学部門がある。
  88. ^ 千葉大学子どものこころの発達教育研究センター規程によると、認知行動療法部門、行動医科学部門、認知情報技術部門、こころの発達支援教育部門、こころの地域ネットワーク支援室、Age2企画室がある。
  89. ^ 千葉大学大学院理学研究科附属ハドロン宇宙国際研究センター規程によると、ニュートリノ天文学部門、プラズマ宇宙研究部門がある。
  90. ^ 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター規程によると、ケア開発研究部、政策・教育開発研究部がある。
  91. ^ 千葉大学大学院工学研究科附属次世代モビリティパワーソース研究センター規程によると、内燃機関部門、燃料部門、パワーエレクトロニクス部門、人材育成部門がある。
  92. ^ 千葉大学大学院融合科学研究科附属分子キラリティー研究センター規程によると、分子キラルフォトニクス研究部門、キラル分子化学研究部門、分子シグナル研究部門、分子キラリティー国際研究部門がある。
  93. ^ 千葉大学大学院医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター規程によると、シミュレーション・ラボ、パフォーマンス・ラボ、アナトミー・ラボ、アニマル・ラボがある。
  94. ^ 千葉大学大学院医学研究院附属法医学教育研究センター規程によると、法病理学研究部門、法中毒学研究部門、法遺伝子学研究部門、法歯科学研究部門、法医画像診断学研究部門、臨床法医学研究部門がある。
  95. ^ 千葉大学大学院医学研究院附属超高齢社会研究センター規程によると、超高齢社会臨床研究部門、超高齢社会疫学研究部門がある。
  96. ^ 亥鼻祭実行委員会
  97. ^ 日本セパタクロー協会公認団体
  98. ^ 第21回全日本セパタクローオープン選手権大会結果
  99. ^ 千葉大学セパタクロー部
  100. ^ 第21回全日本セパタクローオープン選手権大会結果 大学対抗麻雀:千葉大が優勝、大河原さんMVP /千葉 毎日新聞-2014/11/17
  101. ^ 新学期プロジェクト - chiba-u.navi
  102. ^ 大学生の欲しがる「単位」が100円で買える!? 「学生時代にコレがあったらなぁ」の声
  103. ^ 千葉大学生協‏@chiba_univcoop 13:37 - 2015年1月5日
  104. ^ 千葉大学公式HP「校友会・同窓会」
  105. ^ 千葉大学経済人倶楽部「絆」
  106. ^ 千葉大学園芸学部の移転検討問題について - 千葉県松戸市
  107. ^ “千葉大 園芸学部移転を断念”. 産経新聞. (2009年7月7日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/090707/chb0907072347009-n1.htm [リンク切れ]
  108. ^ 千葉大学園芸学部周辺地域(戸定が丘)を支援する取り組みについて更新日:2013年11月25日
  109. ^ 千葉大学・千葉工業大学と連携した中小企業向け助成制度の創設について
  110. ^ 国立六大学が包括的連携協定を締結
  111. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  112. ^ 大学間交流協定校|グローバル|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  113. ^ 部局間交流協定校|グローバル|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  114. ^ 学生交流協定校|グローバル|国立大学法人 千葉大学|Chiba University
  115. ^ a b 千葉大「逮捕の医学生、把握できていない」集団強姦容疑”. 朝日新聞社. 2016年11月24日閲覧。
  116. ^ 新たに30歳医師を逮捕=県警、容疑者学生実名も公表-千葉大女性集団暴行事件”. 時事通信社. 2016年12月6日閲覧。
  117. ^ 被害女性の体触った疑い、指導医を逮捕 千葉大集団強姦”. 朝日新聞社. 2016年12月6日閲覧。
  118. ^ 千葉大研修医も逮捕 女性集団乱暴、共謀の疑い”. 日本経済新聞社. 2016年12月6日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「千葉大学」の関連用語

千葉大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

パスカル

ローゼンベルグ

ミル

らくらくホン ベーシックII

トリップメーター

外側環軸関節

マヒワ

ボーイング式737-400型





千葉大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS