千利休とは?

せんの りきゅう -りきう 【千利休】 ○

1522~1591安土桃山時代茶人千家流茶道開祖和泉国堺の人。法名は宗易。村田珠光相伝侘茶(わびちや)武野紹鷗(じようおう)に学ぶ。茶器および諸道具に工夫をこらし,簡素清浄茶道大成織田信長豊臣秀吉仕え御茶おさどうとなり,天下一宗匠と評される。政治にも参画するに至ったが,秀吉怒りを買い自刃を命じられた。

せんのりきゅう 【千利休】

織豊時代茶人千家流茶道の祖。堺の納屋衆倉庫業田中与兵衛の子で与四郎。祖父が千阿弥と号したので千氏名乗り大徳寺の宗套から宗易の法名を受け、正親町天皇から利休居士の号をもらった。大徳寺宗陳らに帰依し、禅ととを融合させた侘茶道を大成豊臣秀吉怒りにふれ自刃。(一五二二~九一

千利休

作者松本清張

収載図書誤差松本清張短編全集 9
出版社光文社
刊行年月2003.3
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書小説日本芸譚 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.5
シリーズ名新潮文庫


千利休

読み方:センノリキュウ(sennorikyuu)

作者 唐木順三

初出 昭和33年

ジャンル 評論


千利休

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 07:06 UTC 版)

千利休(せん の りきゅう、せん りきゅう、大永2年(1522年) - 天正19年2月28日1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人茶人




[ヘルプ]
  1. ^ 近年、中村修也は『時慶記』の記述や豊臣秀吉発大政所宛書状の内容などを論拠として、利休はこの時死なずに失踪し、消息不明となったという説を唱えている[3]
  2. ^ 桑田忠親は、「ある長編の歴史小説で試みられた作家のフィクションであって、史実ではない」と否定している[14]。なお、その歴史小説とは、野上彌生子『秀吉と利休』を指す。
  3. ^ 毘沙門町および葭屋町通元誓願寺下ル町の晴明神社の近くにあったという。また『聚楽古城図』(国立国会図書館・広島県立図書館など蔵)によれば、聚楽第北御門横の元誓願寺通下る大宮通東付近にあったと推定される。







千利休と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「千利休」の関連用語

千利休のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

智月

坪井杜国

内藤丈草

三上千那

谷 木因

越智越人

宮崎荊口

山口素堂





千利休のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2017 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千利休 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS