十勝バスとは?

十勝バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/07 22:27 UTC 版)

十勝バス株式会社(とかちバス)は、北海道帯広市に本社を置き、バス事業などを行う企業。


[ヘルプ]
  1. ^ “【リーダーの視点】十勝バス 野村文吾社長”. WEB TOKACHI (十勝毎日新聞社). (2010年9月24日). http://www.tokachi.co.jp/feature/201009/20100924-0006703.php 2015年10月30日閲覧。 
  2. ^ “十勝バスの運送収入 40年ぶり前年増”. WEB TOKACHI (十勝毎日新聞社). (2012年4月18日). http://www.tokachi.co.jp/news/201204/20120418-0012335.php 2015年10月30日閲覧。 
  3. ^ 国土交通省九州運輸局 地域公共交通シンポジウム「お客さま密着!で地域に貢献する十勝バスの取組み」~40年ぶり利用者増加の実例~ (PDF) - 2013年11月28日。
  4. ^ 北海道で路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載」を開始 - ヤマト運輸、2016年9月27日、同年10月2日閲覧
  5. ^ 札幌 - 帯広:道東自動車道(夕張I.C〜占冠I.C間)開通により「ポテトライナー」が早く!便利に! (PDF)”. 楽得バス13. 2012年1月23日閲覧。
  6. ^ 平成28年4月1日ダイヤ改正 ポテトライナー 札幌駅前ターミナルから乗車できます! (PDF)”. 楽得バス13. 2016年6月1日閲覧。
  7. ^ 北都交通40年史編纂委員会『北都交通40年史』(1990年) p.73
  8. ^ ダイヤ改正のお知らせ”. 十勝バス. 2015年12月18日閲覧。
  9. ^ 上士幌線時刻表 共通乗車について (PDF)”. 北海道拓殖バス. 2015年12月18日閲覧。
  10. ^ 各種乗車券・定期券・回数券のご案内”. 十勝バス. 2015年12月18日閲覧。
  11. ^ 北見現代史編集委員会『北見現代史』(2007年) p992
  12. ^ 北海道新聞 「都市間バス 帯広 - 釧路 廃止へ」(2010年12月7日朝刊 p9経済面)
  13. ^ すずらん号の廃止について (PDF)”. くしろバス (2011年3月10日). 2011年10月6日閲覧。
  14. ^ 帯広・釧路線すずらん号廃止について”. 十勝バス (2011年3月22日). 2011年10月6日閲覧。
  15. ^ 第3回浦幌町議会臨時会会議録 (PDF)”. 浦幌町. pp. 6-7 (2011年5月20日). 2011年10月6日閲覧。
  16. ^ 新「本別・浦幌生活維持路線」が運行します (PDF)”. 本別町. 2011年10月6日閲覧。
  17. ^ 全国乗合バス事業者の基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2011年10月6日閲覧。
  18. ^ “9日に十勝バス「日野KRT225AA」引退ツアー”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2010年10月1日). http://www.tokachi.co.jp/news/201010/20101001-0006776.php 2011年10月6日閲覧。 
  19. ^ 貸切バス会社一覧 (PDF)”. 北海道バス協会. 2011年10月6日閲覧。


「十勝バス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

十勝バスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「十勝バス」の関連用語

十勝バスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

簡易包装

スフレ

中将

ファイブカード

アルパカ

ユビワサンゴヤドカリ

KTM 65 SX

K 1200 R Sport





十勝バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十勝バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS