十勝オホーツク自動車道とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 十勝オホーツク自動車道の意味・解説 

十勝オホーツク自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/30 16:19 UTC 版)

十勝オホーツク自動車道(とかちオホーツクじどうしゃどう)は、北海道足寄郡足寄町足寄ICから北見市北見東ICに至る高速道路である[1]。 略称は十勝オホーツク道[2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同会議で他に抜本的見直し区間とされたのは、道央自動車道の士別剣淵IC - 名寄IC間(約24km)、米子自動車道の米子IC - 米子北IC間(約5km)、新名神高速道路の大津JCT - 城陽IC(約25km)および八幡IC - 高槻第一JCT(約10km)の3路線・4区間。
  2. ^ 2015年11月10日北海道開発局は積雪による工事着手遅れなどの理由により開通が2016年度より遅れる可能性があると発表している[11][12]

出典

  1. ^ a b 十勝オホーツク自動車道 足寄〜北見間「訓子府IC〜北見西IC」<通行無料>が開通します 〜オホーツクの観光振興・安心安全・地域産業に貢献します〜 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 網走開発建設部 (2015年10月13日). 2015年10月16日閲覧。
  2. ^ 道路交通情報Now!!”. 日本道路交通情報センター. 2015年11月21日閲覧。
  3. ^ 高速道路ナンバリング路線図(国土交通省)
  4. ^ a b c d “道横断道、足寄延伸は不透明 道開発予算、端野―美幌整備を重視”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年12月23日) 
  5. ^ a b c 訓子府IC〜小利別間の供用開始延期に 軟弱地盤と悪天候による工事遅れで29年秋に”. オホーツクの情報源 伝書鳩WEB (2016年8月22日). 2017年2月25日閲覧。
  6. ^ 北海道縦貫自動車道(士別市多寄町〜名寄市)等の 事業の再開について (PDF)”. 国土交通省北海道開発局道路部 (2014年8月8日). 2014年8月24日閲覧。
  7. ^ 北海道横断自動車道 足寄~北見 再評価原案準備書説明資料 (PDF) - 北海道開発局 2009年3月16日
  8. ^ 平成27年度北海道開発局関係予算について (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 (2015年4月9日). 2015年5月5日閲覧。
  9. ^ “農産輸送の効率化期待、横断道・訓子府―北見西が開通 十勝接続は依然不透明”. 北海道新聞. (2015年11月10日). http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0200110.html 2015年11月23日閲覧。 
  10. ^ 平成25年度 北海道における事業計画(H25年4月) (PDF) (北海道開発局2013年4月16日付資料、同年5月20日閲覧)
  11. ^ 北海道開発局が取り組んでいる主な道路事業の進捗状況 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 (2015年11月10日). 2015年11月23日閲覧。
  12. ^ “開通時期遅れも 道横断道陸別小利別-訓子府間”. 十勝毎日新聞. (2015年11月11日). http://kachimai.jp/article/index.php?no=321965 2015年11月23日閲覧。 


「十勝オホーツク自動車道」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「十勝オホーツク自動車道」の関連用語

十勝オホーツク自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウエイトトレーニング

大崎悟史

コマツナギ

絹扇

甘松

電波塔

ボンバルディア式DHC-8-402型

本願清水





十勝オホーツク自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十勝オホーツク自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS