十一面観音とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 宗教・信仰 > > 仏教 > > 十一面観音の意味・解説 

十一面観音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/07 03:52 UTC 版)

十一面観音(じゅういちめんかんのん)、梵名エーカダシャ・ムカ (एकदशमुख [ekādaśamukha])は、仏教の信仰対象である菩薩の一尊。梵名は文字通り「11の顔」の意である。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、六観音の1つでもある。玄奘訳の「十一面神咒心経」にその像容が明らかにされている通り、本体の顔以外に10または11の顔を持つ菩薩である。




  1. ^ 観音経には様々な状況に応じて、観世音菩薩が大自在天等の姿を変化して救済すると説かれている。
  2. ^ 地蔵菩薩の大錫杖も持つことで、観音と地蔵の両方の救済を兼ね備えると解釈されている。
  3. ^ ह्रीःは「涅槃の証得」をも意味する。
  4. ^ この真言が説かれた代表的な経典として仏説十一面観世音菩薩随願即得陀羅尼経があるが、この経典は漢訳経典大蔵経には存在しないため日本で編纂された偽経と推測される。


「十一面観音」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「十一面観音」の関連用語

十一面観音のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

物理・化学系凍結抑制舗装グルービング設置型

ベルクスラーゲン石

岸田吟香

前田和浩

白熱灯

草津白根山

BMW 5 シリーズ・ツーリング

1000型車両





十一面観音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの十一面観音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS