勧進帳とは?

かん じんちょう くわん-ちやう [3] [0] 【勧進帳】

作品名(別項参照)。

かんじんちょう くわんじんちやう 【勧進帳】

歌舞伎十八番の一。一幕三世並木五瓶(ごへい)作。四世杵屋(きねや)六三作曲1840年江戸河原崎座で七世市川団十郎初演。能の「安宅(あたか)」の歌舞伎化。山伏姿で奥州落ち源義経主従は,安宅の関関守富樫左衛門に見とがめられるが,弁慶機転富樫情けによって無事関を通り抜ける

勧進帳

読み方:カンジンチョウ(kanjinchou)

(1)勧進
(2)勧進のために金品募る旨を書いて僧徒人々よみきかせる趣意書
(3)歌舞伎十八番の一。


かんじんちょう〔勧進帳〕

能楽の「安宅」、歌舞伎の「勧進帳」よりの構図そのほか金剛杖持ち六法を踏む構図のものもある。

勧進帳

作者落合三郎

収載図書慶安太平記後日譚
出版社ゆまに書房
刊行年月2004.6
シリーズ名新・プロレタリア文学精選


勧進帳

読み方:カンジンチョウ(kanjinchou)

初演 天保11.3(江戸河原崎座(初代市川団十郎九十年の寿興行))

音曲 長唄


勧進帳

読み方:カンジンチョウ(kanjinchou)

初演 安永2.11(江戸・中村座)


勧進帳

読み方:カンジンチョウ(kanjinchou)

分野 歌舞伎

年代 江戸後期

作者三世並木五瓶三升二三


勧進帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/30 06:31 UTC 版)

勧進帳(かんじんちょう)は、如意の渡しでの出来事を基軸にしたの演目『安宅』を元に創られた歌舞伎の演目。歌舞伎十八番の一つで、松羽目物の先駆けとなった作品である。




[ヘルプ]
  1. ^ 渡辺保著『勧進帳 日本人論の原像』ちくま新書より
  2. ^ 河原崎長十郎著『歌舞伎入門』高文堂出版社より
  3. ^ タモリに聞いた 「赤塚弔辞」白紙のワケ”. 横澤彪のチャンネルGメン∞(むげんだい). J-CASTニュース (2008年8月19日). 2012年5月12日閲覧。


「勧進帳」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「勧進帳」の関連用語

勧進帳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

三方飾

紙雛神雛

どんずり

古今雛

垂髪

玉櫛

大鎧

掛盤膳





勧進帳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2017 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勧進帳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS