勤労の義務とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 義務 > 勤労の義務の意味・解説 

勤労の義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/12 00:22 UTC 版)

勤労の義務(きんろう の ぎむ)または労働の義務(ろうどう の ぎむ)とは、憲法典に定められた労働に関する義務規定である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京大学社会科学研究所 1968, pp. 201-202
  2. ^ 精神障害のある人の人権 関東弁護士会連合会 明石書店 2002年 ISBN 9784750316215 p39-40
  3. ^ a b 八木秀次 2003, p. 169
  4. ^ a b 遠西昭 2003, p. 108-109
  5. ^ 日本農業研究所 1969
  6. ^ 憲法研究会のメンバー:高野岩三郎、馬場恒吾杉森孝次郎森戸辰男室伏高信、鈴木安蔵ら
  7. ^ 憲法草案要綱 憲法研究会 国立国会図書館 2011年8月21日閲覧
  8. ^ 八木秀次 2003, pp. 167-169
  9. ^ 古関彰一 2009, p. 281
  10. ^ wikisource:ja:日本國憲法
  11. ^ wikt:社会国家
  12. ^ 八木秀次 2003, pp. 221-222
  13. ^ 出席委員は委員長は芦田均。委員は江藤夏雄、吉田安、鈴木義男、森戸辰男、林平馬、大島多藏、笠井重治、北れい吉、高橋泰雄、原夫次郎西尾末廣国務大臣木村篤太郎司法大臣)、金森徳次郎(国務大臣)。政府出席委員は佐藤達夫法制局次長)
  14. ^ 日本国憲法制定時の関係会議録(衆議院)小委員会 昭和21年7月30日 第5回 衆議院 2011年11月12日閲覧
  15. ^ 憲法読本第3版 杉原泰雄 岩波書店 2004年 ISBN 9784005004713 p144
  16. ^ ベーシックインカム入門 山森亮 光文社 2009年 ISBN 9784334034924 p60
  17. ^ 八木秀次 2003, p. 222
  18. ^ 八木秀次 2003, p. 224


「勤労の義務」の続きの解説一覧





勤労の義務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

勤労の義務に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「勤労の義務」の関連用語

勤労の義務のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

草藤

VRSCDX

トルコ・シリーズ

紫縞竹

ビーズ刺しゅう

利根川

ラインストーン

アルファード





勤労の義務のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勤労の義務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS