労働生産性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 生産性 > 労働生産性の意味・解説 

ろう どうせいさんせい らう- [0] 【労働生産性】

投入した労働に対してどれくらい生産量が得られたかを表す指標多く一定の労働時間あたりの生産量で表す。 → 生産性

労働生産性

就業者一人当たりが働いて生み出す付加価値割合。国の経済活動効率性を示すデータ一つです。

労働生産性

【英】Labor Productivit

・労働生産性とは、従業員一人当りの付加価値額を示す指標であり「付加価値 ÷ 従業員数」で表される。

投下した労働量(労働時間の量や時間によって算定)とその結果得られる生産量割合となる。

個別企業業界など比較に用いられる場合もあるが、国際比較にも頻繁に用いられるものでもある。

日本製造業などは、生産ラインロボット化など自動化により生産性飛躍的に向上した。ちなみに国際比較結果としては、日本の労働生産性は先進7カ国中最下位で、OECD 30国中20位となっておりそれほど高い結果ではない。(2007年版「労働生産性の国際比較」)

しかしながら生産性伸び率では先進7カ国中2位と改善進んでいるといえる
日本の労働生産性(就業者1人当り付加価値):61862ドル(789万円購買力平価換算

【国別生産性比較
1位:ルクセンブルク 10万4610ドル(1,334万円1980年以降26年連続
2位:ノルウェー    97275ドル
3位:米国       86714ドル
4位:アイスランド   83546ドル
5位:ベルギー     80878ドル
2007年版「労働生産性の国際比較2005年指数より)

・ただし、当該就労者には、国外からの流入者はカウントされていないために、国外からの就労者の多い国の指標が高くなる傾向があり、国外からの労働者少な日本は、比較的低い結果となってしまう。

関連ページ
人事制度
コミュニケーション領域

労働生産性

生産動態統計」(経済産業省)の対象の中から選んだ業種につき品目生産量産出量)をそれに働く延べ労働者数労働投入量)で除して指数化したもの

労働生産性

労働生産性

 労働生産性は、労働投入量として産出量との比率算出したもので、労働者1人あたり、あるいは労働者1人1時間あたりの生産量付加価値測るのが一般的です。労働生産性は、国民経済全体でみた生産性と、特定の産業業種企業生産性とに分けられます。

 社会経済生産性本部(理事長谷口恒明)は2006年版「労働生産性の国際比較」をまとめました。この調査は同本部経済協力開発機構OECD加盟30カ国を対象毎年実施しているもの。最新統計である04年の各国国内経済生産GDP)や就業人口などから労働生産性を算出。国別に購買力平価用いて付加価値調整04年は1ドル=133.72円)しています。

 04年のわが国の労働生産性は、59,651ドル(798万円購買力平価換算)で第19位、主要先進7カ国の中では11年連続最下位。第1位ルクセンブルグ(90,683ドル/1,213万円)、第2位米国(83,129ドル/1,112万円)の約66%の労働生産性です。昨年03年/56,719ドル)より2,932ドル(5.2%)も向上したものの、順位変わりませんでした

 わが国製造業の労働生産性水準78,680ドル(887万円:対前年比7.5%増)で、主要先進7カ国でみると米国に次ぐ第2位総合3位)で「失われた10年」からの脱却鮮明になりました。トップアイルランド(148,811ドル/1,678万円)で、わが国の約2倍です。就業者数の減少生産性上のプラス要素となりますが、わが国製造業景気回復局面に入った02年以降人員減少続いており、これが寄与したといえるでしょう

 逆に主要業種の中で最も伸び悩んでいるのはサービス業2000年を1とした04年の労働生産性指数は、製造業が1.154であるのに対し、サービス業が1.007で、同期間でわずか0.7%しか伸びていません。雇用受け皿ともいえるサービス業生産性伸び悩み問題ともいえます。

 2000年以降わが国実質労働生産性上昇率年率平均1.65%で、主要先進7カ国中第2位OECD加盟30国中15位。90年代後半(19951999年)が0.46%(主要先進7カ国中最下位)だったことからすれば大幅改善をみせています。しかし、同時期の米国は2.39%と主要先進7カ国でトップであり、日米間の生産性格差依然として拡大する傾向あります

 わが国就業人口は、製造業とは逆にサービス業一貫して増加傾向あります情報サービス医療福祉教育レジャー観光などの分野新たな雇用生み出すものの、生産性の高い製造業からサービス業への就労者シフトが進めば、国全体生産性低下させます人口減少時代に入ったわが国では、生産性を向上しない限りこれまでの経済規模維持できません。その意味でもサービス業生産性向上が今後大きな課題になってくると見られるでしょう

注:グラフ単位購買力平価換算ドル



(掲載日:2006/12/22)

生産性

(労働生産性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/26 09:38 UTC 版)

生産性(せいさんせい、Productivity)とは、経済学で生産活動に対する生産要素(労働資本など)の寄与度、あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。


  1. ^ http://www.jpc-net.jp/movement/productivity.html
  2. ^ スティグリッツ マクロ経済学[リンク切れ]
  3. ^ Liberals and WagesP. Krugman, The New York Times, The Opinion Pages, 17 June 2015
  4. ^ 75 economists back minimum wage hike CNN Money, January 14, 2014
  5. ^ Over 600 Economists Sign Letter In Support of $10.10 Minimum Wage Economist Statement on the Federal Minimum Wage, Economic Policy Institute
  6. ^ The rapid success of Fight for $15: 'This is a trend that cannot be stopped'S. Greenhouse, The Guardian, US-News, 24 Jul 2015


「生産性」の続きの解説一覧





労働生産性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「労働生産性」の関連用語

労働生産性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西洋水蝋

テープ止め機

不動滝の霊水

吉田利勝

タランドス

高野紙

柳川川下りとうなぎのせいろ蒸し

ダマスカス鋼





労働生産性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
独立行政法人 労働政策研究・研修機構独立行政法人 労働政策研究・研修機構
この記事は、各省庁等のデータを基に、(独)労働政策研究・研修機構が作成した「労働統計用語解説」を転載しております。厳密な定義については、各省庁等のホームページをご参照下さい。
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2017 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生産性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS