刺又術とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 刺又術の意味・解説 

刺又

(刺又術 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/18 13:48 UTC 版)

刺股(さすまた)は、相手の動きを封じ込める武具及び捕具


  1. ^ そもそも想定されていない
  2. ^ 破壊消火・当時の建物はほとんどが木造建築であり、消防ポンプの能力が弱かったこともあり、放水より確実で迅速だった
  3. ^ 東京消防庁の四谷消防署に併設されている消防博物館には町火消の使用していた刺又の実物が展示されている
  4. ^ 2万5千分1地形図の読み方・使い方:消防署 - 国土交通省国土地理院地図記号の意味と由来


「刺又」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「刺又術」の関連用語

1
12% |||||

2
8% |||||

刺又術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

海部川

5GHz帯無線アクセスシステム

3000形

白磁ペイント

フェース角

Murciélago LP640 Roadster

岡持ち

サワー





刺又術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刺又 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS