切り裂きジャックとは?

切り裂きジャック

別表記:ジャックザリッパージャックザリパー
英語:Jack the Ripper

1888年イギリスロンドンホワイトチャペル地区で起きた猟奇殺人事件犯人あだ名のこと。事件では少なくとも5人の売春婦内臓引きずり出されるなど凄惨な死体となって見つかった。切り裂きジャックは特定されることなく、事実上迷宮入りした。

切り裂きジャック

作者高森真士

収載図書牙の男―高森真士スーパー格闘小説シリーズ 13
出版社有朋堂
刊行年月1996.8


切り裂きジャック

作者牧逸馬

収載図書牧逸馬世界怪奇実話
出版社光文社
刊行年月2003.12
シリーズ名光文社文庫


切り裂きジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/26 08:27 UTC 版)

切り裂きジャック(きりさきジャック、: Jack the Ripperジャック・ザ・リッパー)は、1888年イギリスで連続発生した猟奇殺人事件の犯人の通称。この事件は未解決事件であるが、犯人の正体についてはいくつもの説が唱えられている。


  1. ^ 『The Black Museum: Scotland Yard's Chamber of Crime』英国ハラップ社、1987年 より
  2. ^ National Geographic Channel:Mystery Files #7"Jack The Ripper"より
  3. ^ Portrait of A Killer; Jack The Ripper Case Closed,2002
  4. ^ Jack the Ripper mystery solved by top detective after 125 years”. EXPRESS (2013年9月21日). 2014年3月27日閲覧。
  5. ^ “WORLD EXCLUSIVE: Jack the Ripper unmasked: How amateur sleuth used DNA breakthrough to identify Britain's most notorious criminal 126 years after string of terrible murders”. Daily Mail (Associated Newspapers Ltd.). (2014年9月6日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-2746321/Jack-Ripper-unmasked-How-amateur-sleuth-used-DNA-breakthrough-identify-Britains-notorious-criminal-126-years-string-terrible-murders.html 2014年9月7日閲覧。 







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

切り裂きジャックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「切り裂きジャック」の関連用語

切り裂きジャックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

伊豆神社

クズ

ワラストンツヤクワガタ

STS-67

釣り

オーバーオール

FIREBOLT XB12R

タテゴトアザラシ





切り裂きジャックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切り裂きジャック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS