分離工学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 工学 > 分離工学の意味・解説 

分離工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/23 13:48 UTC 版)

分離工学(ぶんりこうがく、英語:separation engineering)とは、化学工業における分離プロセスについて扱う学問である。分離工学を学ぶには、物理化学熱力学)や移動現象論の知識が必要となる。化学工学を専門とする者にとって、分離工学は非常に重要な分野であるといってよい。日本の大学の化学工学に関する学科における、分離工学の講義では、吸着蒸留ガス吸収抽出膜分離などを扱うことが多い。分離工学は、分離精度を求めたり(例えばAとBの2成分混合物を単蒸留した場合、製品の組成はどうなるかを考えるようなことである)、分離装置(蒸留塔や吸収塔など)を設計したりするということがその目的である。




  1. ^ 減容化とは”. 新語時事用語辞典 Weblio辞書. 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ 日本酒製造に使った霧化技術を、廃液処理やリサイクルに活用”. 日経テクノロジーonline (2013年9月10日). 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ 7th Simposium of Separation Science, Oak Ridge, Tenn. USA. (1982). 
  4. ^ 分離工学 001”. 武田邦彦(中部大学) (2007年4月15日). 2017年2月2日閲覧。
  5. ^ 戦略プロポーザル-分離工学イノベーション~持続可能な社会を実現する分離の科学技術~」、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、2016年3月2017年2月2日閲覧。
  6. ^ 松浦一雄「超音波霧化分離法を用いた低沸点有機化合物の高濃度化と不揮発成分の濃縮」、『日本醸造協会誌』第108巻第5号、日本醸造協会2013年、 310-317頁、 NAID 100311692692017年2月1日閲覧。


「分離工学」の続きの解説一覧





分離工学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

分離工学に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「分離工学」の関連用語

分離工学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チョコレートゼブラ・プレコ L270

名取川

クラウン セダン

メジャー

正法寺川北沢第十号石堰堤

絵てがみ

ガナッシュ

中部山岳国立公園





分離工学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの分離工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS