出生届とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 出生届の意味・解説 

しゅっ しょうとどけ -しやう- [5] 【出生届(け)】

子供出生した際に行う届け父母などの届け出義務者が,医師などの作成した出生証明書添付して,出生日含めて14以内出生地市町村役場に出す。

出生届(しゅっしょう・とどけ)

人が生まれたことを行政届け出ること

出生の日から14以内海外生まれ場合は3か月以内)に医師または助産婦作成した出生証明書添え出生地などの市区町村長提出なければならない戸籍法49条に基づく行政手続きのひとつ。

出生届には、子の性別嫡出非嫡出の別、出生年月日時分および場所、父母氏名および本籍などを記載なければならない法務省は、代理出産生まれた子どもの母親卵子提供ではなく代理母であるとの考えで、母を卵子提供者とする出生届は受理できない考えている。

タレント向井亜紀さんと元プロレスラー高田延彦さん夫妻アメリカ女性代理出産依頼して生まれ双子について、東京都品川区が出生届を受理しなかった問題で、東京高裁9月29日、出生届を受理するよう品川区長に命じる決定をした。今月 8日品川区長選で当選した浜野健・品川区長は、東京高裁決定不服として最高裁抗告する意向示した。

(2006.10.10掲載


出生届(しゅっせいとどけ)

家族親子関係戸籍関わる用語

出生があったときに、14以内市区町村長に対してする届出届出義務者は、父または母、同居者出産に立ち会った医師等が、その順で届出義務者定められている。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

出生届

人口動態事象 1は、出生死亡死産胎児死亡婚姻養子縁組嫡出化、認知婚姻取消離婚別居と定義することができる。つまり、民事上の身分 2変更合わせて個人生まれてから死ぬまでのすべての出来事網羅する。これらの事象記録は、一般に人口動態記録 3または人口登録簿戸籍簿) 3呼ばれる人口動態事象は、法律上理由で、多くの国々において長い間人口動態登録 4または公民登録 4対象となってきた。出生登録 5婚姻登録 7および死亡登録 9は、出生届 6婚姻届 8および死亡届 10のような特別の様式を用いる。これらは、最も一般的な登録の書類である。これらの登録簿を保管する責任者は、登録官 11呼ばれる


出生届 (しゅっしょうとどけ)

新しいいのちが誕生しました、という届け出です。生後週間以内市町村役場または区役所提出します。もちろん「お名前」もお忘れなく。これで赤ちゃん住民登録がなされ、この社会一員に! 各種母子保健サービスも受けられようになります。

出生届

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/09 13:17 UTC 版)

出生届(しゅっしょうとどけ)は、正式には出生届書(しゅっしょうとどけしょ、Registration of a Birth)といい、法務省地方支分部局である法務局の戸籍課が管轄する行政機関への書類である。出生証明書Birth certificate)を添付して、子の出生の日を第1日目として日本国内では14日以内に役所へ、国外では3ヶ月以内に在外公館へ提出する。




「出生届」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

出生届に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「出生届」の関連用語

出生届のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




出生届のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2014 Houterasu All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2014 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出生届 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS