出づとは?

い・づ 【出づ】

( 動下二
いず(出)

い・ず いづ [1] 【出づ】

( 動下二
内から外へ移動する。でる。 「都-・でて今日みかの原いづみ川/古今 羇旅
開けた場所に行く。でる。 「浜に-・でて海原見れば/万葉集 4360
所属していた家・団体などから去る。離れる。でる。 「家をも-・で世をものがれたりせば/平家 1
人の前に姿を現す。 「翁-・でて曰く,…/竹取」
中の物が自然に移動して外に現れる。でる。 「足柄の刀比の河内に-・づる湯の/万葉集 3368
境界をこえる。でる。 「この度生死の境を-・でなんと/宇治拾遺 1
前や外に突き出るでっぱる。 「雄島が磯は,地つづきて海に-・でたる島なり/奥の細道
登場する。出現する。 「兵衛佐殿,流人でおはすれども…もし世に-・でてたづねらるる事もこそあれ平家 12」 「春の初めなん多く-・づる/枕草子 38
山陰などにさえぎられていた太陽・月などが現れる。でる。 「遅く-・づる月にもあるかな足引きの山のあなた惜しべらなり古今 雑上
表面現れる。できる。 「身に瘡(かさ)も一つ二つ-・でたり/伊勢 96
発生する。起こる。でる。 「音もいと二なう-・づる琴ども/源氏 明石
生まれる。産出する。でる。 「この四家よりあまたのさまざまの国王大臣公卿多く-・で給ひて/大鏡 道長
由来する。原因がある。 「アルレゴリイと勧懲主眼小説との差別(けじめ)を知らぬに-・でたることにて/小説神髄 逍遥
内面のものを表面化させる。 「言(こと)に-・でて言はばゆゆしみ/万葉集 4008」 〔自動詞はのちに下一段活用となり,「い」が脱落して「でる」となった〕





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「出づ」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「出づ」の関連用語

出づのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

じきけん

橋杭海水浴場

チーク

アオボシヤドカリ

ザッハ トルテ

米俵図鐔

ビオ

Explorer





出づの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2016 Weblio RSS