冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件の意味・解説 

冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/27 14:33 UTC 版)

冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件(えんざいじけんおよびえんざいとうたがわれているおもなじけん)では、刑事事件犯人とされた者のうち、再審も含む裁判の結果無罪が確定する、いわゆる冤罪事件に関する一覧である。また、裁判で有罪とされつつも冤罪が疑われている主な事件についても一覧としている。また、冤罪事件とは同時に冤罪被害事件であり、往々にして未解決事件であることを記述しておく。


[ヘルプ]
  1. ^ 『警察官僚 完全版―知られざる権力機構の解剖』神一行
  2. ^ 『冤罪File 2008年9月号』キューブリック
  3. ^ 読売新聞大阪社会部『警察官ネコババ事件―おなかの赤ちゃんが助けてくれた』(講談社文庫)
  4. ^ 清水潔の文芸春秋での記事、下野新聞バンキシャ等の事件関連報道や記事
  5. ^ 2003年2月の『ザ・スクープ』の冒頭で取り上げられている
  6. ^ 名張毒ぶどう酒事件:弁護団、第8次再審請求へ 毎日新聞 2013年10月18日閲覧
  7. ^ 弁護士白書2013年版
  8. ^ 『冤罪File 2008年9月号』キューブリック
  9. ^ [1]
  10. ^ 『冤罪File 2010年10月号』宙出版
  11. ^ 冤罪File No.12◆【米原汚水槽女性殺害事件】本当にカレが彼女を汚水槽に投げこんだのか?
  12. ^ 大阪地検:「立証困難」男性の起訴取り消し 裁判員裁判考慮か 毎日新聞 2010年11月27日[リンク切れ]
  13. ^ 冤罪File No.17◆「下関市彦島女児殺害事件」真犯人がほくそ笑む!? 裁判員裁判で懲役30年の不当判決!
  14. ^ PC遠隔操作なりすましウィルス事件 容疑者逮捕 えん罪事件がさらに起こらないよう厳重な監視を!
  15. ^ a b 【PC遠隔操作事件】被疑者の素顔を弁護人に聞く(江川紹子)
  16. ^ [2]
  17. ^ http://rocketnews24.com/2013/03/04/300093/
  18. ^ “ナチ大物戦犯被告が死去 97歳のハンガリー元大尉”. 産経新聞. (2011年9月4日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110904/erp11090413320001-n1.htm 2011年10月4日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ “米国:有名死刑囚に刑執行 一貫し冤罪訴え、国内外で批判”. 毎日新聞. (2011年9月22日). オリジナル2011年9月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110925062527/mainichi.jp/select/world/news/20110923k0000m030018000c.html 2011年9月24日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ “イタリアの英女子留学生殺害事件、元ルームメートらに逆転無罪”. ロイター. (2011年10月4日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23466520111004 2011年10月5日閲覧。 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件」の関連用語

冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冤罪事件及び冤罪と疑われている主な事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS