内海とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 内海の意味・解説 

うち うみ [0] [3] 【内海】

半島・岬や島で囲まれ外洋海峡でつながっている海。入り海ないかい。 ↔ 外海
湖。
茶入れ一種大海たいかいのやや小形のもの。ないかい

ない かい [0] 【内海】

陸地に囲まれ,海峡によって外海連絡している海。うちうみ瀬戸内海など。中海(ちゆうかい。 ↔ 外海
〘仏〙 須弥山(しゆみせん)取り巻く七つの海須弥山七重の山である七金山しちこんせんの間に帯状にはさまれている。
うちうみ(内海) 」に同じ。

内海

読み方:ウチウミ(uchiumi)

所在 鹿児島県大島郡住用村


内海

読み方:ナイカイ(naikai)

所在 滋賀県大津市


内海

作者目取真俊

収載図書魂込め
出版社朝日新聞社
刊行年月1999.8

収載図書魂込め
出版社朝日新聞社
刊行年月2002.11
シリーズ名朝日文庫


内海

読み方:ウチウミ(uchiumi)

所在 宮崎県宮崎市


内海

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

内海

読み方:ウチウミ(uchiumi)

所在 宮崎県(JR日南線)


内海

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

内海

読み方
内海あるせう
内海うちうみ
内海うちかい
内海うちがい
内海うちのみ
内海うちみ
内海うつうみ
内海うつみ
内海ないかい
内海ないがい

内海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/14 13:56 UTC 版)

内海(ないかい)とは陸地と陸地との間に挟まれ、狭い海峡によって外洋と繋がっている海域




「内海」の続きの解説一覧





内海と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「内海」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
98% |||||

内海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マークⅡ

杉本明洋

コウ

ウィッチェル

雲仙天草国立公園

URBANO

ガメ

井植歳男





内海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS