公娼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > > 公娼の意味・解説 

こう しょう -しやう [0] 【公娼

おおやけ営業を許された売春婦日本では1946年昭和21)に廃止。 ↔ 私娼

公娼

読み方:コウショウ(koushou)

公的承認をうけ、その保護統制下にある売春婦


公娼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 06:44 UTC 版)

公娼(こうしょう)とは、娼婦売春婦)のうち、公に営業を許された娼婦[1]をいう。公の営業許可を得ていない私娼に対する。


  1. ^ 大辞林、三省堂、1988.
  2. ^ 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」ユン貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p129.
  3. ^ a b c 秦郁彦「慰安婦と戦場の性」 1999, p. 145
  4. ^ 「性の歴史学 公娼制度・堕胎罪体制から売春防止法・優生保護法体制へ」1997,p51
  5. ^ a b 人身売買排除」方針に見る近代公娼制度の様相」立命館大学人文科学研究所紀要 93, 237-268, 2009,p237-238
  6. ^ 「日本遊郭史」(上村行彰) p118 吉原の開基 三カ条の覚書
  7. ^ 週刊プレイボーイ記事(転載)(2013-11-26)[1]、著者ブログ(2013-11-25)[2]
  8. ^ 公娼『大思想エンサイクロペヂア』30巻 (春秋社, 1930) p81
  9. ^ a b c d e f 山田宏「売春」世界大百科事典平凡社、2007,p333
  10. ^ a b c d 山手茂「売春」日本大百科全書、小学館、1987
  11. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p13
  12. ^ 金の李天民の『南征録匯』。『武功記』
  13. ^ 『靖康稗史証』「宣和乙巳奉使金国行程録」、「瓮中人語」、「開封府状」、「呻吟語」、「宋俘記」、「南征録匯」
  14. ^ 中国网
  15. ^ 中国百科在线
  16. ^ 『靖康稗史証』
  17. ^ 『靖康稗史箋證・卷5』賜宋妃趙韋氏、鄆王妃朱鳳英、康王妃邢秉懿、姜醉媚,帝姬趙嬛嬛、王女肅大姬、肅四姬、康二姬,宮嬪朱淑媛、田芸芳、許春雲、周男兒、何紅梅、方芳香、葉壽星、華正儀、呂吉祥、駱蝶兒浣衣院居住者。
  18. ^ 『靖康稗史箋證・卷3』康一即佛佑、康二即神佑均二起北行、入洗衣院
  19. ^ 『呻吟語』建炎二年 即金天會六年 八月二十四日・・・・婦女千人賜禁近,猶肉袒。韋、邢二后以下三百人留洗衣院
  20. ^ 『開封府状』
  21. ^ 『南征錄匯』:原定犒軍費金一百萬錠、銀五百萬、須於十日内輪解無闕。如不敷數、以帝姬、王妃一人准金一千錠、宗姬一人准金五百錠、族姬一人准金二百錠、宗婦一人准銀五百錠、族婦一人准銀二百錠、貴戚女一人准銀一百錠、任聽帥府選擇。確庵『靖康稗史箋証』
  22. ^ 『呻吟語』
  23. ^ 『靖康稗史箋證・卷6』「呻吟語」「燕人麈」
  24. ^ 『靖康稗史箋證・卷6』「呻吟語」朱后歸第自縊、甦、仍投水薨。
  25. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p14
  26. ^ a b c d e 李能和『朝鮮解語花史』東洋書院、1927年。「李能和全集2」韓国学研究所
  27. ^ 川村湊『妓生』p.20
  28. ^ a b c d e f g 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p131.
  29. ^ 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編著『朝鮮人女性がみた慰安婦問題』三一新書,1992.
  30. ^ 川村湊『妓生』p.21
  31. ^ a b 野村伸一: 「賤民」の文化史序説ー朝鮮半島の被差別民(補遺)(2008年。野村「賤民」の文化史序説(『いくつもの日本5』岩波書店、2003年所収)を補訂したもの)2012年11月15日閲覧
  32. ^ a b c d e 朴禮緒「〈朝鮮歴史民俗の旅〉妓生 (1)」朝鮮新報 2004.10.30
  33. ^ 川村湊『妓生』p.23
  34. ^ 『妓生』p.28
  35. ^ 梨花女子大学韓国女性史編纂委員会『韓国女性史』1,梨大出版部、1978年。p519-520
  36. ^ a b 川村湊『妓生』p.34
  37. ^ 川村湊『妓生』p.33
  38. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』p.35-38
  39. ^ a b c 林鍾国『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p148-149
  40. ^ a b c d 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p150-151
  41. ^ 藤永壮「植民地朝鮮における公娼制度の確立過程―1910年代のソウルを中心に―」京都大学大学院文学研究科・文学部・現代文化学系「二十世紀」編『二十世紀研究』第5号、2004年12月
  42. ^ a b c 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p147
  43. ^ a b 川村湊『妓生』p.43
  44. ^ a b 川田文子「戦争と性」明石書店,1995年。p76-77
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m 川村湊『妓生』p.44-51
  46. ^ 川村湊『妓生』p.112-3
  47. ^ 川村湊『妓生』p.113
  48. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.40-43
  49. ^ 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.38-39
  50. ^ バーン&ボニー・ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p206
  51. ^ ヒックス1995,p23
  52. ^ 『日本奴隷史』阿部 弘臧
  53. ^ 『日本売春史』中村三郎
  54. ^ 『売笑三千年史』中山太郎
  55. ^ 『徳川家康』北島正元
  56. ^ 梨花女子大学校韓国女性史編纂委員会『韓国女性史』第一巻、梨大出版部、1978年、p519
  57. ^ 従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク『もっと知りたい「慰安婦」問題ー性と民族の視点からー』金富子・梁澄子著、明石書店、1995年、p26
  58. ^ 『日韓歴史論争-海峡は越えられるか』p86、櫻井よしこ、金両基、中央公論社
  59. ^ a b 『日韓歴史論争-海峡は越えられるか』p95、櫻井よしこ、金両基、中央公論社
  60. ^ 川村湊『妓生』作品社、p117
  61. ^ 川村湊『妓生』p165
  62. ^ 川村湊『妓生』p181
  63. ^ 『妓生』作品社、p12
  64. ^ 『妓生』作品社、p14


「公娼」の続きの解説一覧





公娼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「公娼」の関連用語

公娼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

システム照明

水郷筑波国定公園

丸源氏組

裏メリヤス編み

WX331K

簀巻かまぼこ

Passat

Range Rover





公娼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公娼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS