八雲御抄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 和歌 > 歌学書 > 八雲御抄の意味・解説 

八雲御抄

読み方:ヤクモミショウ(yakumomishou)

鎌倉時代歌学書順徳院撰。

別名 八雲抄


八雲御抄

主名称: 八雲御抄
指定番号 2524
枝番 00
指定年月日 2003.05.29(平成15.05.29)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 6帖
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 『八雲御抄』は、順徳【じゅんとく】天皇一一九七~一二四二)が従来歌学書編集集大成した六巻からなる歌学書である。書名は、「夫和歌者起自八雲出雲古風」に始まる序文に「名曰八雲抄」と自ら記している。
 内容は、第一正義第二作法第三枝葉第四言語第五名所第六用意、の六義からなる。特に用意部は詠作の心得歌人論などを記したもので、文中に「まことによくよくいうけんをむねとしてよむべきことなり」とあり、天皇歌論として注目される。
 伝本は、草稿本と精撰本の系統がたてられている。草稿本は承久の乱以前になり、精撰本は乱後、佐渡流されてからも加筆訂正し、藤原定家に送られたものをいう
 本書は精撰本系統で、前田育徳会尊経閣文庫旧蔵本の伏見天皇宸筆本と称されるものである
 本書以外の古写本には、重要美術品に『紙本墨書八雲御抄巻第三四、五、六(内巻第五補写)』四帖、『紙本墨書八雲抄第二』一帖、『紙本墨書八雲抄第一残巻』一帖、『紙本墨書八雲抄第六乾元二年尊憲書写奥書アリ』一帖の四件あるが、いずれも欠本完本はない。
 本書体裁は、綴葉装冊子本で六帖からなるいずれも白茶二重牡丹唐草文金襴後補表紙装し、「八雲御抄第『幾』」の題簽だいせん】が付けられている。楮紙打紙礬水引した料紙を用い、本文は半およそ九行、一行一八前後謹直筆致書写している。その筆跡は巻第一から巻第三と巻第四から巻第六までの二筆からなる。各帖帖首には標目があり、第一帖目は序文六義等、第二帖目は作法歌合歌會、書様等、第三帖目は枝葉部で天象時節、地儀等、第四帖目は言語部で世俗語、由緒語、料簡語、第五帖目は名所部で山、嶺、嵩等、第六帖目は用意部である。第五帖目に朱書にて頭書風の注記が付されているのが注目される。
 書写者は伝伏見天皇宸筆確証がないものの、同時代能書の手になるもので、書写年代は、暢達書風等よりみて鎌倉時代中期ころと認められる
 本書伝来は、巻第四を除く各帖巻末にある擦り消し痕に、「粟殿浄順之」と判読できる墨書があり、おそらく伝領者名と思われる詳らかでない。前田綱紀松雲公)の時代前田家所有に帰したものとみえ、同時代蒔絵師五十嵐家の制作になる秋野蒔絵箱に収められて伝来した。
 本書は、天皇歌学書として、和歌史・歌論研究上に重要な著述で、その鎌倉時代中期ころまで遡れる現存最古写本で、六帖揃い貴重なのである。なお、本書伝来を示す蒔絵箱も附とした。

八雲御抄

読み方:ヤクモミショウ(yakumomishou)

分野 歌学書

年代 鎌倉中期

作者 順徳院


八雲御抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/02/21 03:05 UTC 版)

八雲御抄(やくもみしょう)は、順徳天皇が著した歌論書である。著者による序文に「夫和歌者起自八雲出雲之古風(中略)名曰八雲抄」とあり、書名「八雲抄」の由来がわかる。親撰であることから、これに「御」が付けられて流布した。


注釈

  1. ^ 源俊頼藤原基俊藤原俊成ら、平安歌論の先人の業績を継承しており、その集成とも言える。
  2. ^ 後世、歌枕の典拠資料としてしばしば引用される。
  3. ^ 藤原基俊の撰による『新三十六人』等の存在は本書によってのみ知られる。
  4. ^ 「貫之さしもなしなどいふ事少々聞ゆ。歌の魔の第一也」と、紀貫之を軽んじる者を戒めている。
  5. ^梁塵秘抄』を引きつつ、「まことのよき歌よみになりぬれば、やすやすとありのままの事とこそ聞こゆれ。何事も長じぬればかくの如しと云へり」。
  6. ^ 西行について、「唯詞をかざらずして、ふつふつといひたるが聞きよき」。

出典

  1. ^ Villa(参考文献)
  2. ^ 国指定文化財等データベース”. 八雲御抄. 文化庁. 2011年12月8日閲覧。


「八雲御抄」の続きの解説一覧





八雲御抄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「八雲御抄」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||


7
34% |||||

8
30% |||||

9
30% |||||

10
30% |||||

八雲御抄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカ蔦

1100形

XL883L

グースアスファルト混合物

浮御堂

ウィリアム・ゲイツ

カイツブリ

1000系





八雲御抄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの八雲御抄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS