入梅とは?

つ いり [0] 【〈梅雨〉入り・〈入梅〉】

〔「つゆいり」の転〕
にゅうばい(入梅)。 [季] 夏。

つゆ いり [0] 【《梅雨》入り・〈入梅〉】

( 名 ) スル
梅雨に入ること。陰暦では,芒種(ぼうしゆ)のあとの壬みずのえの日とする。にゅうばい。ついり。つゆのいり[季] 夏。

にゅう ばい にふ- [0] 【入梅】

雑節の一。太陽黄経80度に達した時。暦の上梅雨期に入る日で,6月11日頃。また,梅雨(つゆ)季節になること。つゆいり。 ↔ 出梅 [季] 夏。
梅雨期を表す,東日本での言い方

入梅

読み方:ツイリ(tsuiri)

梅雨に入ること


入梅(にゅうばい)

古代中国発祥梅雨(つゆ)入りのことを言い、太陽の黄径が八十度に来る時点六月十日(又は十一日)の頃を言います。


入梅

作者久坂葉子

収載図書VIKING選集 2
出版社風来
刊行年月1997.6
シリーズ名兵庫県地下文脈大系

収載図書短編女性文学近代
出版社おうふう
刊行年月2002.9

収載図書久坂葉子全集 第1巻 小説
出版社書房
刊行年月2003.12


入梅

作者今野敏

収載図書花水木東京湾臨海安積
出版社角川春樹事務所
刊行年月2007.9


入梅

読み方:ニュウバイ(nyuubai)

梅雨に入ること。立春から百三十五日

季節

分類 時候

月日 六月十一二日


入梅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/03 06:13 UTC 版)

入梅(にゅうばい、ついり、つゆいり)は、梅雨入りの時期に設定された雑節である。現在の日本では、太陽黄経が80°の時[1]またはその日である。新暦(グレゴリオ暦)で6月11日ごろ。


  1. ^ 理科年表』二十四節気, 雑節
  2. ^ 平山輝男(1992–1994)『現代日本語方言大辞典』、明治書院
  3. ^ 古事類苑』第1巻142頁「梅雨〔日本歳時記〕」
  4. ^ 古事類苑』第1巻143頁「梅雨〔世事百談 一〕」
  5. ^ a b c 古事類苑』第1巻143頁「梅雨〔年中行事故実考 六五月〕」
  6. ^ a b 古事類苑』第1巻141頁「梅雨〔仮名暦註解〕」
  7. ^ 古事類苑』第1巻143/144頁「梅雨〔視聴草 六集九〕」


「入梅」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

入梅に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「入梅」の関連用語

入梅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

焼香の作法

佛式の葬儀

厄除け

出産祝い

敬老の日

改装

法要

結婚式





入梅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2017
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入梅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS