先端屈折式はしご車とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 消防装備 > 先端屈折式はしご車の意味・解説 

先端屈折式はしご車

 先端屈折式はしご車は、バスケット方式の30m級はしご車最上連のてい体の先端が約3m屈折することで、架線障害セットバックしている建物に対応しやすいほか、屋上面や高架道路上にバスケットを近づけることができるはしご車です。
 先端屈折部は使用範囲大きくするため、最上連だけを最初に伸ていし、残りのてい体がその後同時にていする構造となっています。

写真1
先端屈折状況
写真2
建物ていした状況

状況における先端屈折式はしご車の使用方法
図1
図1 電線障害に対応しやすい
図2
図2 セットバックしている建物に対応しやすい
図3
図3 屋上面にバスケットを降ろしやすい
図4
図4 高速道路で活動
図5
図5 河川等での対応





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「先端屈折式はしご車」の関連用語

先端屈折式はしご車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

工作車

屈折放水塔車

送水車

屈折放水塔車

水槽付ポンプ車

救出救助車

重機搬送車

普通化学車





先端屈折式はしご車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京消防庁東京消防庁
Copyright (C) 2016 東京消防庁 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS