催腫瘍性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 催腫瘍性の意味・解説 

発癌性

(催腫瘍性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/03 08:01 UTC 版)

発癌性発がん性、はつがんせい)は、正常な細胞癌(悪性腫瘍)に変化させる性質。発癌性物質発がん性物質、はつがんせいぶっしつ)とは、発癌性を示す化学物質のことである。いずれについても本稿で扱う。


  1. ^ 研究のタイムラインは1775年にイギリスのパーシヴァル・ポットがロンドンの煙突掃除人に陰嚢がんの多いことを報告し、すすがその原因であると推論した。1888年にジョナサン・ハッチンソンが砒素含有軟膏の使用と皮膚ガンの発生の間に関係のあることを報告し、1915年に山極勝三郎と市川厚一が、ウサギを用いた実験において、コールタールを刺激物として実験的に癌を発生させることに成功し、筒井秀二郎がマウスでの人工発癌を成功させた。コールタールは混合物質であり、発ガン物質の特定は1929年にアーネスト・ケナウェイが、1:2:5:6-ジベンツアントラセンの発癌性を証明した。
  2. ^ Nature, 431, 461-466, 2004 および PNAS, 103 (27), 10397-10402, 2006


「発癌性」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「催腫瘍性」の関連用語

催腫瘍性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

厳島神社潮のかおり

仙骨

清涼飲料のパッケージ

MC/R730F

兼六園菊桜

セロー250

山中越

BMW X3





催腫瘍性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発癌性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS