備中石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 備中石の意味・解説 

備中石(Bicchulite)

備中石
岡山県川上郡備中町布賀
Ca2Al2SiO6(OH)2 標本の幅約4cm

ゲーレン石仮晶で、黒~灰色部分が備中石(備中石を含む混合鉱物)です。

備中石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/06 22:02 UTC 版)

備中石(びっちゅうせき、 Bicchulite)は、1973年に発表された新鉱物で、岡山大学鉱物学者逸見千代子などにより、岡山県の旧備中町(現高梁市)布賀と北アイルランドから発見された[4]化学組成はCa2Al2SiO6(OH)2で、等軸晶系。ゲーレン石 (Gehlenite) の加水分解物に相当する。日本での産出地の町名(及び古い地方名)から命名された。


  1. ^ Bicchulite on Mindat.org
  2. ^ Bicchulite in the Handbook of Mineralogy
  3. ^ Bicchulite data on Webmineral
  4. ^ Henmi C. et al. (1973) A new mineral bicchulite, the natural analogue of gehlenite hydrate, from Fuka, Okayama Prefecture, Japan and Carneal, County Antrim, Northern Ireland. Mineral. Jour., 7, 243-251.


「備中石」の続きの解説一覧





備中石と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「備中石」の関連用語

備中石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラング石

パウエル石

マンガンコルンブ石

重晶石

磁硫鉄鉱

パラアタカマ石

水苦土石

アレキサンドライト





備中石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの備中石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS