倒立フォークとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 倒立 > 倒立フォークの意味・解説 

倒立フォーク

【別称】倒立サス
フォークとは前輪支えフロントフォークのこと。フロントフォークをじっくり見ると、太い棒と細い棒に分かれており、前輪衝撃を受けるたびに、細い棒が太い棒の中に入り込むのがわかるハズフォーク中にはスプリングダンパー機構が入っていて、これらが一体となり、衝撃吸収しているのだ。この太い棒をアウターチューブ、細い方をインナーチューブ呼び通常はアウターチューブが車輪側、つまり下側についている(これがいわゆる正立フォーク)。 倒立フォークはその逆でインナーチューブが下側という構造になっている。倒立フォークにするメリットとしては、バネ下重量軽減がまず挙げられる。バネ下重量が減ると路面への追従性が上がり車輪振動ライダーまで伝わりづらくなる。さらに、衝撃を受ける部分(車輪側)が細く支え根元(ハンドル側)が太くなるためフォーク自体強度上がり剛性アップも図られる。スーパースポーツ、オフロードモデルなどでは積極的に採用されている。
倒立フォーク


関連用語】バネ下重量 フロントフォーク





倒立フォークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「倒立フォーク」の関連用語

倒立フォークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

全長

オイルフィルター

ポット

法定速度

旧車

リッタークラス

シート高

JMCA





倒立フォークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2017 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典

©2017 Weblio RSS