個別資本論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 個別資本論の意味・解説 

個別資本論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/15 01:53 UTC 版)

個別資本論 (こべつしほんろん) とは、カール・マルクス資本論を土台に、中西寅雄の経営経済学をその起源として、古林喜楽(経営労務論)、馬場克三(個別資本と経営技術、経営学方法論、株式会社金融論)などにより発展せしめられた日本固有の経営学(経営経済学)である。




「個別資本論」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「個別資本論」の関連用語

1
30% |||||

個別資本論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STOVL

松樹図鐔

枝付干しぶどう

S002

尾崎紅葉

822SH

モウハイチク

ワモンキセワタ





個別資本論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの個別資本論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS