倉田和四生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 倉田和四生の意味・解説 

倉田和四生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 06:40 UTC 版)

倉田 和四生(くらた わしお、1929年(昭和4年)[1][2][注 1] - )は日本の社会学者。専門は都市社会学関西学院大学名誉教授順正短期大学第8代学長[注 2]。また岡山県高梁市フィールドワーク域を持つ郷土史家でもある。




参考・引用

  1. ^ a b 出生の月日については非公表
  2. ^ 順正短期大学学長としての任期は2004年から2006年まで
  3. ^ 『人口と社会システム』における略歴では出身地が「天草島」となっている。天草地域の、どの島のどの自治体の出身であるかは公表されておらず、近著の略歴では出身地そのものの表記が無い。
  4. ^ a b 関西学院大学論文データベース・社会学部紀要第76号(1997年3月号)の本人回顧『わが師、わが道』(p3-p8)に記述あり。
  5. ^ 当時。現在の学校法人順正学園
  6. ^ 特に、留岡・石井山室。また、彼らの福祉思想の原点という部分に際して、日本の福祉思想の原点(あるいは通過点)のひとつである可能性も示唆されている。
  7. ^ 通説においては中島の社会的基督教主義は賀川豊彦の影響のもとに構築されたものであるとされるが、倉田はここに中島が幼少期において実父や周囲の人々に与えられた高梁キリスト教思想の影響を指摘し、社会的基督教ひいては中島の生き方そのものが両思想の複合影響によるものであることを唱える。
  8. ^ 日本都市学会によって1969年より運営されている、日本の都市研究において功績があると認められた著述論文とその作者に贈られる賞。賞の名は日本都市学会初代会長である奥井復太郎にちなみ、当時においては奥井復太郎賞とも称した。現在の日本都市学会賞(別名:奥井記念賞)にあたる。
  9. ^ 倉田と浅野が編者。他の執筆者に荒井節男、山本栄一、牧正英、仲原晶子、峯本佳世子、下仲順子山内一郎、江間治。
  1. ^ a b 『人口と社会システム』(J.M.ビッシャーズ著・倉田和四生・訳 鹿島出版会 刊 1971年初版)訳者経歴より
  2. ^ 『都市コミュニティ論』(倉田和四生・著 法律文化社 刊 1985年初版)著者経歴より
  3. ^ 『留岡幸助と備中高梁』(倉田和四生・著、吉備人出版 2005年)p.308
  4. ^ 関西学院大学論文データベース・社会学部紀要第76号冒頭より


「倉田和四生」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「倉田和四生」の関連用語

倉田和四生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

福井 正明

クーロン

ゴーダ・ワサビ

アリアン5

モニカ シーブリーズ

斯波蕃

弔慰金

ハイバック





倉田和四生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの倉田和四生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS