伝とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 全国NPO法人 > の意味・解説 

つて [2] 【伝

動詞「つつ(伝)」の連用形から〕
相手伝えるための手段や方法。また,仲立ち。 「 -があればすぐにも届ける」
自分希望目的実現させるための,てがかり。てづる。 「 -を求める」 「有力な-がない」
人づて。 「 -に聞く虎狼の国衰へて/平家 9
何かのついで。 「 -に見し宿のをこの春は/源氏 椎本

でん [1] 【伝】

古くから言い伝えられていること。また,その話。 「 -定家筆」
ある型にはまったやり方。方法。 「いつもの-で行こう」
律令制下の交通通信制度の一。七道沿いの郡家伝馬を五頭ずつ配置し,地方官の赴任囚人輸送など,不急往来に用いた。

【でん】[漢字]

【 田 】 [音] デン
た。耕し土地。 「 田園田租田地田夫田野瓜田(かでん)公田私田新田水田美田良田
物を産み出すところ。 「 塩田丹田炭田油田
【 伝 ( 傳 ) 】 [音] デンテン
つたえる。つたわる。 「 伝言伝授伝習伝承伝染伝達伝統伝導伝聞伝来伝令家伝口伝(くでん)直伝じきでん秘伝
世間にひろめる。 「 伝道伝播(でんぱ)宣伝
いいつたえ物語。 「 伝奇伝説史伝英雄伝孝子伝 」
人の一生記録。 「 伝記自伝列伝
つぎつぎに送る。 「 伝馬(てんま)駅伝
【 殿 】 [音] デンテン
立派な建物。 「 殿下殿中殿堂殿上(てんじよう)宮殿神殿寝殿正殿拝殿本殿御殿(ごてん)紫宸殿ししんでん大仏殿伏魔殿
尊称。 「 貴殿
しんがり。 「 殿軍
【 電 】 [音] デン
電気。 「 電圧電荷電界電解電極電源電車電信電線電池電柱電波電報電流電力電話充電送電帯電停電発電放電電動機
電信」「電報」の略。 「 公電祝電打電弔電特電入電返電来電
電車」の略。 「 市電都電
【 澱[音] デン
よどむ。おり。 「 澱粉沈澱


特定非営利活動法人伝

行政入力情報

更新年月日2014年0527
団体名称特定非営利活動法人伝
所轄 大阪府
主たる事務所所在地 枚方市藤阪元町3丁目24番14号
従たる事務所所在地
代表者氏名 山﨑 好美
法人設立認証年月日 2014年0428日 
定款記載された目的
この法人は、東日本大震災において甚大な被害にあった人々に対し、仮設住宅への訪問活動等を行うことにより、心のケア地域コミュニティ再生を図るとともに三陸地方への観光通して地域及び産業発展につなげ、地域活性化寄与することを目的とする。また、行き 
活動分野
保健・医療・福祉      社会教育      まちづくり     
観光      農山漁村中山間地域      学術文化芸術スポーツ     
環境保全      災害救援      地域安全     
人権・平和      国際協力      男女共同参画社会     
子どもの健全育成      情報化社会      科学技術振興     
経済活動活性化      職業能力雇用機会      消費者保護     
連絡助言援助      条例指定     
認定
認定・仮認定
認定    認定    旧制度国税庁)による認定    認定更新中   
PST基準
相対値基準      絶対値基準      条例指定 ( )     
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

読み方:つたい

  1. 屋根伝ヒニテ他人階上ニ忍入ル窃盗。〔第三類 犯罪行為
  2. 屋根伝ひに忍入る窃盗。「わたりこみ」とも云ふ。
  3. 電柱樹木利用して侵入する賊。富良野
  4. 電柱樹木利用して侵入する賊。〔一般犯罪
  5. 電柱樹木其他を伝わつて侵入する盗犯手口○○伝い侵入するから。〔盗〕
  6. 屋根伝い又は電柱樹木等を利用して忍入る窃盗。「わたりこみ」ともいう。

分類 犯罪、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝/傳

名字 読み方
伝/傳つたえ,つとう→でん
伝/傳でん→つたえ、つとう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
つたう
つたえ
つとう
でん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/31 20:17 UTC 版)

(でん、zhuan、傳)とは、儒教の基本経典となる六経に対する注釈書。(き)と呼ばれるものもあり、合わせて伝記(でんき)ともいう。伝説上、孔子および孔子の直弟子(七十子、特に子夏)から伝承され、その系譜を受けたものによってなされた注釈をいう。このため伝統的な儒教では伝に孔子の思想が込められていると考えられ、経の次に重要な書物とされた。実際には戦国末期・初の儒家たちによって編纂されたものである。




「伝」の続きの解説一覧


出典:『Wiktionary』 (2010/11/01 12:51 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

伝に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「伝」の関連用語


2
100% |||||



5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

伝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インパイクティス・ケリー

特急スーパーマリン1

なた

くさかき

大型化学車

発泡酒

氷ノ山後山那岐山国定公園

スタンダードデッカー





伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2017 the Cabinet Office All Rights Reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2017 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS