会期延長とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 会期延長の意味・解説 

会期延長(かいきえんちょう)(to extend the session of the Diet)

国会活動期間である「会期」を延長すること

国会における立法活動は、いつでもできるというわけではなく、国会が開かれている間にだけ行われる必要に応じて国会活動期間を延長し、法案審議時間確保することができる。

毎年召集されている通常国会会期は、法律150日間決められている。したがって、1月召集された通常国会は、だいたい6月会期末を迎え閉会となる。しかし、1度だけなら会期延長することが認められているので、必要があれば、国会会期延長することができる。

また、臨時国会特別国会の会期延長については、どちらも2回までと定められている。

会期中に議決されなかった法案は、両議院継続審議の手続きをしなければ審議未了廃案となってしまう。この「会期不継続の原則」は、政権与党法案迅速な成立目指す一方で野党廃案をねらって審議日程遅らせるという構図をつくり出しているわけだ。

国民注目度が高い重要法案は、審議日程確保することが難しい。そこで、会期末が近づくと、法案成立させるための会期延長が焦点となる。制限なく決めることのできる延長期間をめぐって与野党駆け引きがありそうだ。

(2002.05.27更新


会期延長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 04:55 UTC 版)

会期延長(かいきえんちょう)とは、会期制をとっている議会において議会の会期を延長すること。


  1. ^ 1958年以降の会期再延長は1962年(昭和37年)12月22日(第42回国会)・1973年(昭和48年)7月24日(第71回国会)・1975年(昭和50年)12月20日(第76回国会)・1988年(昭和63年)11月24日(第113回国会)・2007年(平成19年)12月14日(第168回国会)・2016年(平成28年)12月14日(第192回国会)の6回。
  2. ^ 流れでは議長が「会期の延長の件につきお諮りいたします。本国会の会期を○月○日(会期最終日の翌日)から○月○日まで○○日間延長いたしたいと存じ、これを発議いたします。」→「採決いたします。会期を○月○日(会期最終日の翌日)から○月○日まで○○日間延長するに賛成の諸君の起立を求めます。」(起立採決)→「起立多数。よって会期は○○日間延長することに決まりました。」となっている。場合によっては「異議なし採決」の場合もある。
  3. ^ 1989年の第15回、1998年の第18回、2007年の第21回の3回ある。
  4. ^ 衆議院解散のため実質的には82日間延長に留まる。


「会期延長」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「会期延長」の関連用語

会期延長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

貝桶

エンジン空吹き

月

ドリル

アルペン

救出救助車

ビールの利用法

ROADSTER 3.2





会期延長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会期延長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS