介護士とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 介護士の意味・解説 

介護福祉士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/23 16:48 UTC 版)

(介護士 から転送)

介護福祉士(かいごふくしし、: Certified Care Worker)は、社会福祉士精神保健福祉士と並ぶ、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)の一つである[1][2]社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた、社会福祉業務身体介護生活援助等)に携わる人の国家資格である。和製英語で、ケアワーカー(CW)と呼称されている。


[ヘルプ]
  1. ^ “三福祉士 社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士”. ケアマネ全書. http://caremanezensho.jp/b023fukushishi.html 2015年2月8日閲覧。 
  2. ^ “介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の福祉系三大国家資格を取得しよう!!”. 専門学校高崎福祉医療カレッジ. http://www.tojinkan.co.jp/data/24110702.pdf 2015年2月21日閲覧。 
  3. ^ 厚生労働省・政策レポート「福祉・介護人材確保対策について」(平成20年8月)(2012年12月2日閲覧)/【出典】介護職員+ホームヘルパー:「事業所における介護労働実態調査」(平成20年7月)(介護労働安定センター)全労働者:「雇用動向調査(平成18年)」厚生労働省
  4. ^ “介護福祉士 試験義務化延期 養成校卒業生対象 2022年度から完全実施”. 読売新聞. (2015年2月15日) 
  5. ^ “<介護福祉士資格>国家試験合格の義務付け先送り”. 毎日新聞. (2015年2月13日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000104-mai-pol 2015年2月19日閲覧。 
  6. ^ “介護福祉士の国試義務化 2年後から段階的実施 厚労省提案”. 介護・地域包括ケアの情報サイト 官庁通信社. (2015年2月14日). http://www.joint-kaigo.com/social/pg1127.html 2015年2月19日閲覧。 
  7. ^ “介護福祉士養成課程の国試義務化、自民PTが段階的実施を了承”. 介護・地域包括ケアの情報サイト 官庁通信社. (2015年3月5日). http://www.joint-kaigo.com/social/pg1160.html 2015年3月9日閲覧。 
  8. ^ “介護福祉士の国試義務化、届け出制の創設を閣議決定 政府”. 介護・地域包括ケアの情報サイト 官庁通信社. (2015年4月3日). http://www.joint-kaigo.com/social/pg1212.html 2015年4月24日閲覧。 
  9. ^ 国家試験必須化は当初2012年(平成24年)度(第25回)国家試験から実施予定である。
  10. ^ 別表第四(第五条―第七条関係)
  11. ^ 社会福祉士介護福祉士養成施設指定規則(昭和六十二年十二月十五日厚生省令第五十号)
  12. ^ 日タイ経済連携協定(付属書7 自然人の移動に関する約束) (PDF) 外務省
  13. ^ 日・フィリピン経済連携外務省
  14. ^ 介護ヘルパー研修生300人日本に派遣…釜山 聯合ニュース 2009/04/14
  15. ^ 厚生労働省:「介護の日」について


「介護福祉士」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

介護士に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「介護士」の関連用語

介護士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宇佐山城跡

染井吉野

ゴクラクミドリガイ科の不明種1

ホホバ油

紙水分計

キイロケチチタケ

プラリネ

おおさど丸





介護士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの介護福祉士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS