介助犬とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 介助犬の意味・解説 

かい じょけん [0] 【介助犬】

障害者介助の必要な高齢者行動助けるために,特別に訓練されたドア開け閉めや,車椅子での移動補助などを行う。パートナー-ドッグサービス-ドッグ

介助犬

読み方:かいじょけん

障害者高齢者介護補助するために訓練されたのこと。

介助犬(かいじょけん)

手足の不自由な障害者の日常生活をサポートする

介助犬は、主に車椅子で生活する肢体障害者日常生活助けるために、特別な訓練を受けている。新聞携帯電話取ってきたり、靴下の先を軽く噛んで脱がせることもできる。

飲食店娯楽施設では、ペット連れ込みできないところが多い。しかし、他人に迷惑をかけないよう訓練された介助犬は、障害者社会参加を進める手段ひとつとしてペットとは別の扱いがされてもいいはずだ。

現在のところ、鉄道飛行機などの交通機関利用する場合各社個別実施する審査合格なければ、介助犬の連れ込みできないこれでは、介助犬を同伴した障害者行動範囲は狭く限られてしまう。

2001年12月臨時国会で、盲導犬聴導犬および介助犬のアクセス権保障する「身体障害者補助犬法案」が衆議院厚生労働委員会議員立法として提出された。視覚障害者誘導をする「盲導犬」、聴覚障害者の耳の代わりをする「聴導犬とともに、介助犬の法的位置付けはっきりさせる目的だ。

この法案は、臨時国会会期末を迎え継続審査となったが、今月21日召集される通常国会での成立見込まれている。法律として成立すると、これまで道路交通法認められていた盲導犬だけでなく、介助犬や聴導犬を伴う行動範囲広がる期待される。

介助犬は、今春から使われる中学校の英語教科書登場するなど、社会的認知を広げつつある。

介助犬「シンシア日記」
介助犬協会
日本介助犬アカデミー

(2002.01.16更新


介助犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/28 13:37 UTC 版)

介助犬(かいじょけん)とは、身体障害者の為に生活のパートナーとなるである。


  1. ^ 木村、250頁
  2. ^ 木村、266頁
  3. ^ 木村、299頁


「介助犬」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「介助犬」の関連用語

介助犬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

千葉涼子

第二しょうどしま丸

子吉川

新同期 光伝送システム

電気温水器

輪針

スクエア包みの応用

デッドストック





介助犬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの介助犬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS