仁徳天皇陵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 考古学 > 前方後円墳 > 仁徳天皇陵の意味・解説 

大仙陵古墳

(仁徳天皇陵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 17:39 UTC 版)

大仙陵古墳(だいせんりょうこふん)または大山古墳(だいせんこふん)は、大阪府堺市堺区大仙町にある古墳。形状は前方後円墳百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。




[ヘルプ]
  1. ^ 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ、2015年8月16日更新版)。
  2. ^ 堺市・仁徳陵古墳 関西デジタル・アーカイブ
  3. ^ 保護者・先生方へ 近つ飛鳥博物館
  4. ^ a b 「世界三大墳墓」:公益社団法人堺観光コンベンション協会観光ガイド
  5. ^ a b 世界三大墳墓の大きさ比較堺市文化観光局世界文化遺産推進室2012年12月19日
  6. ^ 仁徳天皇陵古墳百科(堺市ホームページ)2012年12月19日更新版。
  7. ^ 「百舌鳥古墳群を歩く」p23
  8. ^ 「天皇陵総覧」p134
  9. ^ 「天皇陵総覧」p133
  10. ^ 「天皇陵総覧」p134
  11. ^ 堺市史続編
  12. ^ 「天皇陵総覧」p135
  13. ^ 広瀬和夫「前方後円墳の世界」岩波新書(新赤版)1264 2010年 p19-22
  14. ^ 「天皇陵総覧」p136-137
  15. ^ 「百舌鳥古墳群を歩く」p62-63
  16. ^ 「天皇陵総覧」p133-134
  17. ^ 「天皇陵総覧」p139
  18. ^ 「天皇陵の謎」p133
  19. ^ 「天皇陵総覧」p140
  20. ^ 「天皇陵総覧」p140
  21. ^ 「天皇陵の謎」p134-135
  22. ^ 「天皇陵総覧」p140-141
  23. ^ 「天皇陵の謎」p134-135
  24. ^ 「百舌鳥古墳群を歩く」p62
  25. ^ 徳田誠司「米国ボストン美術館所蔵 所謂「伝仁徳天皇陵出土品」の調査」(『書陵部紀要』第62号〔陵墓編〕、宮内庁書陵部、2011)
  26. ^ 「仁徳陵-この巨大な謎」p76-82
  27. ^ 森浩一『巨大古墳』講談社学術文庫、2000年8月、39ページ
  28. ^ 堺観光ガイド スポット詳細:仁徳天皇陵古墳(大仙(山)古墳)
  29. ^ 産経新聞 2011年1月4日号「仁徳天皇陵に釣り人 宮内庁が被害届 お堀の魚狙い侵入、ぼや騒ぎも」
  30. ^ 大阪みどりの百選”. 大阪府. 2016年12月23日閲覧。
  31. ^ 白井久美子「前方後円墳の理解」千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書276『型式論の実践的研究II』柳澤 清一 編、p.126.2014年
  32. ^ Sakaist 2014年第3号(堺市広報誌)、p.4で「世界最大の古墳」p.6で「日本最大にして世界最大級の前方後円墳」
  33. ^ 「育鵬社版の中学校社会科教科書を読んでみた」週刊金曜日公式ブログ、2015年8月9日。同ブログによれば、週刊金曜日2015年6月5日号にも掲載されている。
  34. ^ Z会中学2年社会ハイレベルスタンダード要点見本、p63


「大仙陵古墳」の続きの解説一覧





仁徳天皇陵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

仁徳天皇陵に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仁徳天皇陵」の関連用語

仁徳天皇陵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ふくさ包み

レッドストーン

デイノニクス・アンティルロプス

バトントワリング

マップケース

日本水の森

再処理

シャルドネ





仁徳天皇陵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大仙陵古墳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS