人生劇場(1983)とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 人生劇場(1983)の意味・解説 

人生劇場(1983)

原題:
製作国:日本
製作年:1983
配給:東映
スタッフ
監督:深作欣二 フカサクキンジ

佐藤純彌 サトウジュンヤ

中島貞夫 ナカジマサダオ
原作:尾崎士郎 オザキシロウ
脚本:野上龍雄 ノガミタツオ

深作欣二 フカサクキンジ

佐藤純彌 サトウジュンヤ

中島貞夫 ナカジマサダオ
企画:高岩淡 タカイワタン

佐藤雅夫 サトウマサオ

豊島泉 トヨシマイズミ

斎藤一重 

高杉修 
撮影:安藤庄平 アンドウショウヘイ

並木宏之 ナミキヒロユキ

北坂清 キタサカキヨシ
音楽:甲斐正人 カイマサト
美術:佐野義和 サノヨシカズ

井川徳道 イカワノリミチ
編集:市田勇 イチダイサム
録音:平井清重 ヒライキヨシゲ

荒川輝彦 アラカワテルヒコ
スクリプター:金井謹治 
スチール:中山健司 ナカヤマケンジ
助監督:土橋亨 ドバシトオル
照明:中山治雄 ナカヤマハルオ

海地栄 カイチエイ

金子凱美 
キャスト(役名
三船敏郎 ミフネトシロウ (青成瓢太郎
永島敏行 ナガシマトシユキ (青成瓢吉)
松坂慶子 マツザカケイコ (お袖)
中井貴恵 ナカイキエ (おとよ)
森下愛子 モリシタアイコ (小岸照代)
叶和貴子 カノウワキコ (おりん)
奥田瑛二 オクダエイジ (吹岡早雄)
片桐竜次 カタギリリュウジ (新海一八
平田満 ヒラタミツル (横井安太
三条美紀 サンジョウミキ (おみね)
蟹江敬三 カニエケイゾウ (丘部小次郎
有川正治 アリカワマサハル (自警団の男)
丹古母鬼馬二 タンコボキバジ (甚)
奈辺悟  (三平
藤岡重慶 フジオカジュウケイ (源)
梅津栄 ウメヅサカエ (肘鉄
大小原繁  (三平十二歳))
菅田俊 スガタシュン (学生A)
長谷川康夫 ハセガワヤスオ (学生B)
妹尾友有  (学生C)
石井洋充 イシイヒロミツ (学生D)
高野嗣郎  (学生E)
杉欣也 スギキンヤ (学生F)
石井茂樹 イシイシゲキ (学生G)
床尾賢一  (学生H)
中島俊一 ナカジマシュンイチ (学生I)
高木吉治  (学生J)
岡路千  (人夫頭)
勝野賢三 カツノケンゾウ (労務者
大木晤郎  (学務課員
野口貴史 ノグチタカシ (日本公論社員
松本恵子 マツモトケイコ (鳴戸館・少女
高月忠 タカツキチュウ (半助
藤長照夫 フジナガテルオ (岩吉
池田謙治 イケダケンジ (安)
萩原流行 ハギワラナガレ (仁吉役者
石丸謙二郎 イシマルケンジロウ (塩治判官
中村錦司 ナカムラキンジ (高師直
安東千恵夫 アンドウチエオ (村人
木谷邦臣  (巡査
伊勢将人 イセマサト (瓢吉(八歳))
高橋かおり タカハシカオリ (おりん(九歳))
荒木雅子 アラキマサコ (お勝)
守田学哉  (由造)
ニコライ・ラクチ・オオノフ  (リック
成田三樹夫 ナリタミキオ (大溝白堂)
西村晃 ニシムラコウ (小金
三浦徳子  (小金女房
小林稔侍 コバヤシネンジ (寺兼)
市川好郎 イチカワヨシロウ市川好朗 (熊吉)
原吉美  (白
鈴木康弘 スズキヤスヒロ (丈徳)
岩尾正隆 イワオマサタカ (でか虎)
岡本麗 オカモトレイ (お玉
マキノ佐代子 マキノサヨコ (お種)
谷口サヨ子 タニグチサヨコ (女将
三島ゆり子 ミシマユリコ (お香
白礼花  (娼妓A)
成瀬正 ナルセタダシ (浅三)
秋山勝俊 アキヤマカツトシ (巡査A)
室田日出男 ムロタヒデオ (奈良平)
菅貫太郎 スガカンタロウ (黒馬先生
風間杜夫 カザマモリオ (宮川
松方弘樹 マツカタヒロキ (飛車角)
若山富三郎 ワカヤマトミサブロウ (吉良常)
解説
東京に出て作家目指す青年と、周囲人々人生を描く。尾崎士郎同名小説今回十三度目の映画化で、脚本は「真夜中の招待状」の野上龍雄と、この作品三人共同監督する「蒲田行進曲」の深作欣二、「制覇」の中島貞夫、「未完の対局」の佐藤純彌共同執筆撮影は「コールガール」の安藤庄平、「遥かなる走路」の並木宏之、「冒険者カミカゼ」の北坂清それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大正七年東京早稲田の貧乏学生日々を送る青成瓢吉にとって、故郷三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎心意気幼なじみ、おりんとの淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め獄窓につながれていったその頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動内部分裂繰り返し、瓢吉は大学捨て決意をする。その頃横浜本牧侠客飛車角はおとよという女郎惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり二人開港六○周年港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分奈良平に紹介され、小金一家身を寄せる一方、瓢吉は作家目指しながらも、お袖との愛欲日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代名物先生黒馬再会女流作家目指す小岸照代と出会うその頃出所した吉良常は故郷三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死報せを受けた瓢吉は帰郷久しぶり吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金世話ささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入り起り飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入り最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説取り組む瓢吉と吉良常に出会った吉良常の説得自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学いそしむ瓢吉と照代は懸賞小説一席、二席を分ち合いこれを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れ以来流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家宮川再会飛車角に通じるものを感じ深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り出版社打ち合せに向かうが、その時変り果てたお袖と出会った逃げ出したお袖は、その後行方不明となる。お袖の身を案じ中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々様々な想いからませ年月が過ぎていく。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

人生劇場(1983)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人生劇場(1983)」の関連用語

人生劇場(1983)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

四郎ヶ浜ビーチ

VOX

ケミカル

面河水源の森

刻子

てしおがわ士別

水銀灯蛍光型

ばにあ





人生劇場(1983)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2016 Weblio RSS