井上陽水とは?

井上陽水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/23 08:25 UTC 版)

井上 陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家音楽プロデューサー。本名は、同字でいのうえ あきみ。 旧芸名:アンドレ・カンドレ




  1. ^ 加来由子 (2013年9月22日). “長い猫と不思議な家族 依布サラサさん”. BOOK.asahi.com. 2016年9月14日閲覧。
  2. ^ 九州歌謡地図 第5部・井上陽水の世界<2>
  3. ^ a b アルバム陽水ライヴ もどり道』ジャケット自筆年表(うれいの年表)
  4. ^ a b 自著『綺麗ごと』、集英社、1985年、p15-16
  5. ^ 五木寛之・井上陽水『青空ふたり旅』、ペップ出版、1976年、p285
  6. ^ a b 相倉久人『日本ロック学入門』(新潮社)対談
  7. ^ 相倉久人『日本ロック学入門』(新潮社)対談、p164
  8. ^ a b c 五木寛之・井上陽水『青空ふたり旅』、ペップ出版、1976年、p70-71
  9. ^ 自著『媚売る作家』角川書店、1993年、p49、251、自著『ラインダンス』、新潮社、1982年、p30
  10. ^ 受験に失敗した原因について、のちに「天才的頭脳がない」「裏口入学させられるほど金持ちの親がいない」(『断絶』の歌詞カード)、「ビートルズ」「女性」「受験慣れ」(『もどり道』のインナースリーブ)などとコメントしている。
  11. ^ 『媚売る作家』、p50-51
  12. ^ 富澤一誠 『ユーミン・陽水からみゆきまで 時代を変えたフォーク・ニューミュージックのカリスマたち廣済堂新書 055 ISBN 978-4331519202、91-92p。なお同書には「カンドレ・マンドレ」がリクエスト1位になったという記述はあるが、友人に葉書を出させたことには全く触れていない。88p。
  13. ^ 相倉久人『日本ロック学入門』(新潮社)対談、p166-167
  14. ^ 「LIFE 井上陽水 40年を語る」、2009年8月25日
  15. ^ あの日フォークが流れていた、シンコー・ミュージック、p76-78
  16. ^ 川瀬泰雄 - The Beatlemania.com
  17. ^ 中川右介 『山口百恵 赤と青とイミテイション・ゴールドと朝日文庫 [な-36-1]ISBN 978-4022617255、113-114p
  18. ^ アルバム『二色の独楽』のジャケットにはこの女性とのツーショットが掲載されている。
  19. ^ 今村守之 『問題発言』 新潮新書 446 ISBN 978-4106104466、96-97p
  20. ^ 泉麻人 『ナウのしくみ (2)』 文春文庫 [い-22-3] ISBN 4167486032、259-260p
  21. ^ 筑紫哲也 『ニュースキャスター』 集英社新書 0145-B ISBN 4087201457、33p
  22. ^ 『ラインダンス』、p204
  23. ^ a b 『ラインダンス』、p230、250
  24. ^ 山田修爾 『ザ・ベストテン』 新潮文庫 [や-68-1] ISBN 978-4101363417、166-167p
  25. ^ 天野祐吉 『天野祐吉のCMウオッチング』 朝日文庫 [あ-17-1] ISBN 4022610050、484-485p
  26. ^ 『歴史読本』編集部 編 『日本の華族 その栄光と挫折の一部始終新人物文庫 [れ-1-8] ISBN 978-4404039224、262p。当該箇所の執筆は前坂俊之
  27. ^ いしいひさいちひさいち文庫 くるくるクロニクル』 双葉文庫 [い-17-22] ISBN 4575713090、110-111p
  28. ^ えびはら武司 『藤子スタジオアシスタント日記~まいっちんぐマンガ道~』 竹書房 ISBN 978-4801903562、75-80p。同書では他に、藤子・F・不二雄が『傘がない』を好まず、この曲があちこちで流れていたためにウンザリしていた、という記述もある。
  29. ^ 小林信彦 『にっちもさっちも 人生は五十一から 5文春文庫 [こ-6-18] ISBN 978-4167256180、224p・228p
  30. ^ 井上陽水が、ポリドール(現ユニバーサルミュージック)復帰 アルバム『UNITED COVER 2』リリースへ
  31. ^ 『ユーミン・陽水からみゆきまで』、87p
  32. ^ 宝島編集部 『現代下世話大全 バウきゅー まちのヘンなもの大カタログ』 宝島社 ISBN 4796612351、158p
  33. ^ 鈴木英之 『よみがえれ! 昭和40年代 高度成長期、少年少女たちの宝箱小学館101新書 144 ISBN 978-4098251445、207p
  34. ^ a b 『井上陽水全発言』えのきどいちろう編集、福武書店1994年、p131
  35. ^ a b 『究極の10冊物語』ダ・ヴィンチ編集部メディアファクトリー、1996年、p60-68
  36. ^ 『貧乏だけど贅沢』、p311
  37. ^ 『媚売る作家』、p186、259-260
  38. ^ 『綺麗ごと』、p222-227
  39. ^ SONGS井上陽水 水谷豊インタビューより
  40. ^ 佐高信 『抵抗人名録 私が選んだ100人光文社知恵の森文庫 [aさ-2-12] ISBN 978-4334785888、113p
  41. ^ 岡留安則 『『噂の真相』編集長日誌〈1〉 “スキャンダル雑誌”創刊物語現代教養文庫 1633(D-802) ISBN 4390116339、58p
  42. ^ a b c 1989年5月25日再発
  43. ^ 1999年5月21日再発
  44. ^ a b c 1988年5月21日再発
  45. ^ 1996年2月21日再発
  46. ^ 2008年7月16日再発
  47. ^ 2007年3月21日再発
  48. ^ http://ameblo.jp/sakura-uehara/archive18-201112.html 上原さくらオフィシャルブログ


「井上陽水」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「井上陽水」の関連用語

井上陽水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

中山 薫

潰れ

雲仙笹

ヘレラサウルス・イスキガラステンシス

イーグル2

マンディブラリスフタマタクワガタ

油障子

メンコ





井上陽水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井上陽水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS