五代友厚とは?

五代友厚 ごだい ともあつ

五代友厚の肖像 その1
天保6年12月26日明治18年9月25日(1836~1885)

鹿児島生まれ。実業家。父は鹿児島藩士。安政4年(1857)長崎留学海軍伝習所に学ぶ。慶応元年(1865)鹿児島藩留学生を率いて欧州諸国巡歴維新後新政府下では、参与外国事務局判事外国官判事大阪府判事歴任する。明治2年(1869)官を辞し大阪において実業従事鉱山経営製造販売などを行う。藩閥政府つながり深く政商とも呼ばれた。大阪株式取引所大阪商法会議所大阪商業講習所大阪商科大学前身)などを設立し、大阪経済発展貢献した。

キーワード 実業家
号・別称 才助 , 徳助
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 精製藍染業須知 / 五代友厚著 五代友厚, 明10.2 <YDM67802>
  2. 条約改正ニ関スル建言書 / 五代友厚建議 大阪商法会議所, 明12.10 <YDM29638>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

五代友厚

読み方ごだい ともあつ

実業家薩摩生。父は薩摩藩五代左衛門秀尭。幼名は才助、号を蔭。幕末には藩のため武器船舶等を輸入し、維新後新政参与となり、外交貿易事務造幣寮設立などにあたった。官を辞し、大阪中心として事業を展開、大阪商法会議所設立初代会頭務め関西実業界発展貢献した。明治18年(1885)歿、51才。

五代友厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/07 06:15 UTC 版)

五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本武士薩摩藩士)、実業家薩摩国鹿児島城長田町城ヶ谷(現鹿児島市長田町)生まれ。大阪経済界の重鎮の一人。当時、「まさに瓦解に及ばんとする萌し」(五代)のあった大阪経済を立て直すために、商工業の組織化、信用秩序の再構築を図った。


  1. ^ 福澤諭吉『福翁自伝
  2. ^ 神戸新聞NEXT 2016/1/30 15:30 “五代様”政府に先立ち朝来で探鉱 史料見つかる
  3. ^ a b 大久保利謙 (1962年). “『五代友厚の欧行と、彼の滞欧手記「廻国日記」について』 (PDF)”. 史苑(立教大学). p. 21. 2015年3月23日閲覧。
  4. ^ 『さつま人国誌「五代友厚、薩摩から大阪へ(3)」 | 南日本新聞 』(2015/12/07)本紙掲載
  5. ^ 『さつま人国誌「五代友厚、薩摩から大阪へ(4)」 | 南日本新聞 』(2015/12/21 )本紙掲載
  6. ^ 『薩摩藩英国留学生記念館 準備室』(2012/4/12)
  7. ^ 『日本の近代遺産50選』(第45回 小菅修船場跡 【長崎県】)
  8. ^ 後年朝廷より君に勲章を賜はるの栄ありしは、他に功少なからずと雖、多くは本件(堺事件)の功績を思召出されてならんと聞く『五代友厚伝記資料第一巻』二七頁 ]
  9. ^ 「巨商五代友厚没す朝野新聞1885年9月26日」『新聞集成明治編年史. 第六卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 長崎市公式観光サイト 小菅修船場跡(こすげしゅうせんばあと)
  11. ^ 小倉百人一首』に収められている「音に聞く高師の浜のあだ波はかけじや袖の濡れこそすれ」(祐子内親王家紀伊)の本歌取りである。
  12. ^ a b c d 五代友厚『日本富豪発生学. 閥族財権争奪の巻』白柳秀湖 著 (千倉書房, 1931)
  13. ^ a b c d 五代友厚覚書『五代友厚』織田作之助著 (日進社, 1942)
  14. ^ a b 商傑五代友厚『我観郷国 : 一名・現代薩摩の人物及郷国』玉利伝十著 (択善社, 1918)
  15. ^ 『五代友厚伝』宮本又次、有斐閣、1981
  16. ^ 五代龍作君『代表的人物及事業』時事通信社, 1913
  17. ^ 『近代日本の伸銅業: 水車から生まれた金属加工』産業新聞社、2008、p186
  18. ^ 日本地質学の軌跡3 原田豊吉:帝国大学理科大学と農商務省地質局の星鈴木理、GSJ 地質ニュース Vol. 4 No. 2(2015 年 2 月)
  19. ^ 大坂府平民九里竜作本省御用掛被命ノ件 明治18年01月国立公文書館
  20. ^ 五代龍作『20世紀日本人名事典』
  21. ^ 藤澤利喜太郎 生誕150年「五港育ち,『生命保険論』と『総選挙読本』清水達雄(元清水建設研究所)、日本数学会 市民講演会、2011年5月28日
  22. ^ 竹内明太郎・白石直治系図近現代・系図ワールド
  23. ^ 最後の山師 五代アイさんいなべ市
  24. ^ 五代アイ写真廃村茨川研究、2012.1
  25. ^ メールマガジン『英語の文法と語法』153号あとがき
  26. ^ 土居通夫と五代友厚 市川訓敏、関西大学年史紀要, 第12号, 2000.03.31
  27. ^ 松乃華、土居芳子 [著,土居剛吉郎 編]国立国会図書館
  28. ^ 大正バブル期における起業活動とリスク管理-高倉藤平・為三経営の日本積善銀行破綻の背景小川功、滋賀大学経済学部研究年報Vol0 2003
  29. ^ 両電鉄敷設と市の承認回答案を九日の市参に提出神戸大学新聞記事文庫 電気鉄道(04-196)大阪朝日新聞 1921.9.7(大正10)
  30. ^ 土居保太郎ヲ事実上文書係ノ事務ニ従事セシムル件国立公文書館
  31. ^ マルセイユ『聖地紀行』占部百太郎、大岡山書店, 1931
  32. ^ 『高松宮日記』中央公論社, 1997
  33. ^ 商家経営における主婦(女主人)と女中の関係についての考察荒木康代、関西学院大学社会学部紀要第107号、2009年
  34. ^ 千萬長者の若旦那、垢と齒糞で穢い男 大阪財界の變人 杉村正太郎『財界楽屋新人と旧人』朝日新聞経済記者 共編 (日本評論社, 1924)
  35. ^ 缼損は八幡の藪知らず(杉村正太郎長嘆一聲の事) 『銀行罪悪史 : 吾輩の最新銀行論』遠藤楼外楼 著 (日本評論社出版部, 1922)
  36. ^ 華族で貴族院議員。ベルリン五輪へ代表を送り成果を挙げた、第2代JFA会長 深尾隆太郎賀川浩、月刊グラン2008年6月号 No.171
  37. ^ 「大阪の恩人」五代友厚の生涯、映画化へ 来年公開目指し、大阪の顕彰団体が準備産経新聞、2014.3.22
  38. ^ 若き薩摩の群像”. 鹿児島県観光連盟. 2014年5月14日閲覧。


「五代友厚」の続きの解説一覧





五代友厚と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「五代友厚」の関連用語

五代友厚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

坪内逍遥

加藤高明

大村益次郎

馬場辰猪

川上操六

松岡洋右

大倉喜八郎

中野正剛





五代友厚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五代友厚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS