二酸化炭素貯留とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生理 > 貯留 > 二酸化炭素貯留の意味・解説 

二酸化炭素貯留

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/12 06:47 UTC 版)

二酸化炭素の貯留(にさんかたんそのちょりゅう)とは、気体として大気中に放出された、あるいは放出される直前の二酸化炭素を人為的に集め、地中水中などに封じ込めること、また、その技術のことである。CO2貯留、二酸化炭素地中(水中)固定、二酸化炭素地中(水中)隔離、炭素隔離など、さまざまな名称がある。いくつかの方法があるが、現在研究が推進されている代表的なものに二酸化炭素の回収・貯蔵 (CCS) があり、代名詞的に用いられている。




  1. ^ 酸素製造に動力を要するが、全体のエネルギー効率を向上させる。


「二酸化炭素貯留」の続きの解説一覧





二酸化炭素貯留と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二酸化炭素貯留」の関連用語

二酸化炭素貯留のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

蓑襤褸菅

姫子沢

乳清

ブラテディ

ミルクピッチャー

サイドローディング

断熱材

イタドリ





二酸化炭素貯留のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二酸化炭素貯留 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS