二股とは?

ふた また [0] 【二股・二叉

もとが一つで先が二つ分かれていること。また,そのもの。 「川が-に分かれる
二つ物事同時にかかわりをもつこと。 「 -受験」 「 -恋愛


二股

読み方:ふたまた

二つ同時に事を進めようとするさま。通常はひとつのみ対象するところを、複数同時に対象とすること。受験における志望校、あるいは男女交際などについて用いられることが多い。

二股

読み方:フタマタ(futamata)

もとが一つで先が二つ分かれていること


二股

読み方:ふたまた

  1. 二股膏薬の略。あちらへ味方したりこちらへ味方したりすること。恰も股にはつた膏薬両方の股へくつつくように。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

二股

読み方:フタマタ(futamata)

所在 北海道上川郡美瑛町


二股

読み方:フタマタ(futamata)

所在 北海道白糠郡白糠町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

二股

読み方:フタマタ(futamata)

所在 北海道(JR函館本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒071-0477  北海道上川郡美瑛町二股
〒088-0344  北海道白糠郡白糠町二股

二股

名字 読み方
二股ふたまた
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

二股

読み方
二股ふたまた

二股

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/13 16:59 UTC 版)

二股(ふたまた)とは、二人の恋人と同時交際すること。様々な事象において、主に対立する二つの両方に味方するような場合もこの言葉が使われる。戦国時代末期、伊達政宗が「二股膏薬」(右足の股にも左足の股にもいつの間にかついている貼り薬。風見鶏と同様の意味)と揶揄されていたようであり、本来はこちらの意味が主流だった。




「二股」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

二股に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二股」の関連用語

二股のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

一角仙人

番匠川

クサフグ

ウワミズザクラ

Kindle DX

シュモクドリ

おれんじHOPE

背面収納ユニット





二股のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2017 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2017 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二股 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS