予後とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 妊娠・子育て用語 > 予後の意味・解説 

よ ご [1] 【予後】

病気経過についての医学的な見通し。または,余命
俗に病気が治ったあとの経過


予後 (よご)

病気手術の後、どの程度回復する見通しを指す言葉です。「予後がよい」は後遺症などもなく回復していくこと、「予後が悪い(不良)」は、死亡したり重い後遺症を残すケース少なくないことを指します。

予後

Prognosis

【概要】 pro-は前に向く意味、gnosis認知。ある病気や状態がそのまま進むと、将来どのようになるか、生存死亡かを予測すること。あくまでもそれまで経験観察に基づいたものである。  

【詳しく】 例:初診時のHIV RNA100万コピイあった患者では、2~3年以内エイズになる可能性が高かった。5000コピイ以下では10年以上発病しなかった。このような場合HIV RNA高値は予後が悪い。またHIV RNAHIV感染症の予後を知るマーカーと言える

《参照》 HIVRNACD4細胞数代用マーカー


予後

【仮名】よご
原文prognosis

ある疾病起こりうる転帰またはたどりそうな経過のことで、回復再発可能性のこと。

予後(よご)

治療後の経過のこと。

予後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/06 15:14 UTC 版)

予後(よご、: prognosis: Genesung)とは、手術後の患者の状態や、病気創傷の将来的な状態、特にそれらの状態に関する見込み、を意味する医学用語である。


  1. ^ Oxford dic
  2. ^ 例えば原発性の肺癌の予後は一般に不良であるが、肺扁平上皮癌は「小細胞肺癌より予後比較的良好」であるなど。


「予後」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「予後」の関連用語

1
転帰 国語辞典
78% |||||

2
病後 国語辞典
78% |||||



5
72% |||||



8
70% |||||



予後のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イネゴチ

キッズケータイ F-05A

前田和浩

キセキレイ

上勝町の阿波番茶

BMW 3 シリーズ・クーペ

ピナコサウルス・グランゲリ

遮熱性舗装





予後のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2017 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2017 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予後 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS