予土線とは?

予土線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 07:59 UTC 版)

予土線(よどせん)は、高知県高岡郡四万十町若井駅から愛媛県宇和島市北宇和島駅に至る四国旅客鉄道(JR四国)の鉄道路線地方交通線)である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 京三サーキュラー VOL.64 2013 No.5の概要(社内報) - 京三製作所 ※「01 四国旅客鉄道株式会社 予土線CTC装置・PRC装置」を参照。
  3. ^ a b 『全国鉄道事情大研究 四国篇』324-328頁
  4. ^ 特にこの列車の下りは、高松駅を予讃線経由の急行「うわじま」の数分後に発ち、宇和島にはその次の「うわじま」より数分先着するというもので、曲がりなりにも高松 - 宇和島の先着列車としての機能も持っていた。
  5. ^ シカと列車の衝突事故に悩むJR各社、全国の「シカ対策担当者」による会議(朝日新聞2010年12月16日夕刊)
  6. ^ 「しまんトロッコ」の運行開始について - 四国旅客鉄道、2013年7月29日
  7. ^ 予土線で“海洋堂ホビートレイン”を運行 - 鉄道ホビダス、2011年3月1日
  8. ^ 海洋堂×かっぱの列車が四万十に JR四国「かっぱうようよ号」 - のりものニュース、2016年2月16日
  9. ^ 予土線の「かっぱうようよ号」人気 車内フィギュアとおしゃべりも - 産経ニュース、2016年7月8日
  10. ^ 「鉄道ホビートレイン」の運行開始日の決定等について - 四国旅客鉄道、2014年1月27日
  11. ^ JR四国「鉄道ホビートレイン」「プラレール」とコラボレーション 「鉄道ホビートレイン プラレール号」運行2017年3月7日鉄道チャンネルニュース
  12. ^ JR四国とタカラトミー、予土線で「鉄道ホビートレイン」プラレール号(愛称)を運行 - 日本経済新聞、2017年3月6日
  13. ^ 観光列車「予土線3兄弟」勢ぞろい - 四国旅客鉄道、2014年2月24日
  14. ^ 愛媛新聞(2015年3月8日付、1面)
  15. ^ 予土線3兄弟「奥四万十クリスマス号」を運転! (PDF) - 四国旅客鉄道、2016年11月21日
  16. ^ 区間別平均通過人員(輸送密度) および 旅客運輸収入(平成27年度) (PDF) - 四国旅客鉄道
  17. ^ 社会資本整備審議会道路分科会 国土幹線道路部会説明資料(p8) (PDF) - 四国旅客鉄道
  18. ^ JR四国平成27年3月期連結決算
  19. ^ 平成29年3月期決算発表 (PDF)”. 四国旅客鉄道 (2017年5月8日). 2017年5月12日閲覧。
  20. ^ 『愛知県鉄道苦行史』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 鉄道敷設法別表第102号。全区間未開業。国鉄バス松山高知急行線が「鉄道先行路線」として開設されている。
  22. ^ 鉄道敷設法別表第103号第105号ノ3。宇和島 - 宿毛間は未開業(宿毛線)、宿毛 - 窪川間は土佐くろしお鉄道宿毛線中村線として開業。
  23. ^ 最後のマイレール 開通ごめん・なはり線 第1部 波乱の軌跡(3) 直撃、再建法”. 高知新聞 (2002年6月10日). 2010年6月16日閲覧。
  24. ^ 『鉄道局年報. 明治28年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 『鉄道局年報. 明治37年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治36年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 「私設鉄道株式会社解散」『官報』1905年5月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  28. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年3月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  29. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第20回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  30. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年10月22日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  31. ^ 「軽便鉄道停車場位置変更、停留場設置及哩程異動」『官報』1916年12月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  32. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1923年12月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  33. ^ 「鉄道省告示第330号・第331号」『官報』1933年7月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  34. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 昭和8年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  35. ^ 「鉄道省告示第126号・第127号・第128号」『官報』1941年06月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  36. ^ JR四国20年のあゆみ306頁
  37. ^ 他には男鹿線鹿島線もこれに該当する。


「予土線」の続きの解説一覧





予土線と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

予土線に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「予土線」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

予土線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

黒田清隆

U1

田井ノ浜海水浴場

宝石

チョコレートタルト

節木増

ヒゲ

サンバースタッグ





予土線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予土線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS