九重山とは?

九重山(大分県)

1791m 北緯3305分09秒 東経1311456秒 (中岳) (世界測地系
1787m 北緯330456秒 東経1311427秒 (久住山) (世界測地系

九重山写真九重山地図



概 要

 九重山は東西15kmにわたって分布する20上の火山集合火山多く急峻溶岩円頂丘で,一部成層火山山体周囲を主に火砕流からなる緩傾斜裾野がとりまく。岩石は主に安山岩デイサイト一部玄武岩(SiO2 5168%)。星生山(ほっしょうざん)の北東側山腹には活発な硫気孔群があり,有史後も噴気活動活発化水蒸気爆発マグマ噴火記録されている。火山西部には八丁原大岳等の地熱発電所がある。


最近1万年間の火山活動

 約1 万年活動で、A2 降下火山灰噴出ステージ2(星生北溶岩久住山溶岩展望溶岩)とステージ3(九重中岳溶岩星生山溶岩三俣山(みまたやま)溶岩湯沢溶岩) の各溶岩流出した。さらに、アカホヤ火山灰堆積する約6300 年前までに、泉水山(せ んすいさん)溶岩流出の台岩屑なだれ堆積物供給した山体崩壊発生した。 約5000前には、A1 火山灰噴出大船北部溶岩流出があり、岳麓溶岩や立中山 溶岩流出した。約5000 年前以降は、約1000 年間隔噴火があり、約4000 年前には、段 原降下スコリア噴出段原溶岩流出、またステージ4(肥前ヶ城溶岩・扇ヶ鼻溶岩・岩 井岳溶岩)の各溶岩流出した。 約3000 年前と2000 年前には、米窪(よねくぼ)火口からの火山灰スコリア噴出と大 船南溶岩流出があり、約1700 年前に最後大規模マグマ噴火黒岳溶岩流出し、こ れに伴って火砕流発生した(鎌田,1997,鎌田ほか,2001)。また、過去4000 年以降、近 年に至るまで水蒸気爆発がたびたび発生している(井村鎌田,1996,鎌田,1997)。


記録に残る火山活動

1662(寛文 2)年 1月26日 噴火大規模噴火火柱スコリア降下

1675(延宝 3)年 噴火

1738(元文 3)年 8月13日 噴気多量,新火口生成

1777(安永 6)年 噴気地帯の異常

1995(平成 7)年10月11日 噴火

  星生山東山腹で噴火熊本まで降灰以降活発な噴気続く。12月に再び火山灰噴出

1996(平成 8)年

  星生山北西3~ 4 地震多発、また星生山の南側にある牧ノ戸峠赤水方面降灰があった。3 月中旬噴煙活動が活発となり、火孔周辺にごく微量降灰があった。3 月24 日星生山付近地震多発し、長者原付近では弱い揺れを感 じた。また、火山性微動3 月25 日1 回、26 日3 回、27 日5 回、29 日1 回発生した。 その後火山性微動は、11 月15 回、12 月3 回発生した。

1997(平成 9)年

  星生山北西3~10km でたびたび地震増加火山性微動は、3 月12 回、4 月5 回、9 月2 回発生した。

 

<「概要」、「最近1万年活動」、「記録に残る火山活動」については日本活火山総覧(第3版)(気象庁編、2005)および最近観測成果による。>


火山観測

 気象庁では,地震計1点空振計1点GPS3点遠望カメラ1点設置し,九重山火山活動監視観測を行っています。

九重山 観測点配置図



九重山 観測一覧表
平成18年2006年11月1日現在
記号 測器種類

地点

位置 設置 観測開始 備考

緯度

経度

標高

地震計

KJUA点 33 06.2 131 13.7

1280

0

1998.3

周期成分

空振 KJUA点 33 06.2 131 13.7

1280

2

1998.3

遠望カメラ 九重山(長者原 33 08.0 131 13.5

992

3

1998.3

GPS 長者原 33 08.0 131 13.5

992

3

2001.3

周波

坊ガツル 33 06.0 131 15.7

1243

2

2001.3

一周波,携帯電話

牧ノ戸峠 33 05.8 131 12.6

1346

2

2001.3

一周

世界測地系による



火山活動解説資料

 気象庁実施した火山観測データ解析結果や,火山活動診断結果掲載します。毎月1回,上旬公表します。

 

 


九重山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/16 00:56 UTC 版)

九重山(くじゅうさん)または九重連山(くじゅうれんざん)は、大分県玖珠郡九重町から竹田市久住町北部にかけて広がる火山群の総称である。最高峰は九州本土最高峰でもある中岳 (1,791m) 。日本百名山の一つに数えられ、一帯は阿蘇くじゅう国立公園に指定されている。




  1. ^ 地層下位から宮城火砕流、下坂田火砕流、豊後渡火砕流
  2. ^ 九重火山 産業技術総合研究所, 2015年2月11日閲覧 (PDF)
  3. ^ 火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山”. 気象庁. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ ただし、荷物の輸送には軽トラックが大船林道経由で使用される。


「九重山」の続きの解説一覧





九重山と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「九重山」の関連用語

九重山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

阿武火山群

伊豆東部火山群

横岳

海徳海山

口永良部島

霧島山

硫黄鳥島

鳴子





九重山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの九重山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS