丸太組工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > 丸太組工法の意味・解説 

丸太組工法

樹皮を剥いだだけの丸太材や角材平に積み重ねて壁を構成していく工法のこと。壁材が交差する部分は、相互の材を交互組み合わせていく。奈良正倉院見られる校倉あぜくら造り」や欧米諸国山間部リゾート地に多いログハウスもよく似た工法だが、わが国では地震が多いため、壁材の交差部にボルトを入れて耐震性高めることが多い。ちなみに丸太組工法で建設される輸入住宅を「ログハウス」と呼んでいる。





丸太組工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「丸太組工法」の関連用語

丸太組工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カンヌキ

水雷球クリア

マーズ・パスファインダー

メジャースプーン

Passat

軸丸北

クリスタル・シンフォニー

波兎図鐔





丸太組工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2017 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2017 Weblio RSS