中部山岳国立公園とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公園 > 岐阜県の公園 > 中部山岳国立公園の意味・解説 

ちゅう ぶさんがく こくりつこうえん -こくりつこうゑん 【中部山岳国立公園】 ◇


中部山岳国立公園

写真:天狗池と槍ヶ岳
天狗池と槍ヶ岳

登山極致山と同化するに在り山と同化するとは自我脱却して、造化掌中の純なる坩堝(るつぼ)に跳り入るに在り」——小島烏水(うすい)が『日本山水論』にこう記したのは明治38年近代登山黎明期身を置く人の、胸の高鳴りが響いてくるような一節である。

山と同化は、今も多く岳人理想であろうが、この境地到達するには、自己の内面と自然双方条件満たされることが必要である。そして、その条件を満たした自然をいつまで保持し、提供することが、まさに国立公園使命一つなのだ。

地図

日本最高の山岳地帯

写真:上高地・河童橋
上高地河童橋

日本アルプスとは、南・北アルプス中央アルプスを含めた3つの山域総称である。いずれも日本中央部横断するフォッサ・マグナ大地溝)の西を限る大断層線(糸静線)の、すぐ西に接している。

この公園そのうち北アルプス、つまり飛騨山脈主要部区域とする。標高3,000m前後の、壮年期急峻高峰連なる切り立った岩壁が多いのは、急激な隆起を意味している。日本で最も高い山脈であり、日本を代表する山岳公園である。

南北に走る山稜は、北部では2列、南部では3列に分かれている。北部は、東に豊かな高山植物大雪渓を持つ白馬しろうま)岳、双耳峰(そうじほう)が目立つ鹿島槍ヶ岳針ノ木岳などからなる後(うしろ)立山連峰、西には広大立山カルデラ中心に、岩の殿堂の剱(つるぎ)岳、雄大山容薬師岳などの高峰連なりの平、五色ヶ原などの広大台地がある。この2列の稜線三俣蓮華みつまたれんげ)岳で出合い、さらに南に延び穂先突き上げる槍ヶ岳に至る。

槍ヶ岳から南は稜線が3分する。東に分かれ稜線は燕(つばくろ)岳、常念(じょうねん)岳などの山列で、花崗岩の白い岩肌槍・穂高の展望人気が高い。西に延び稜線笠ヶ岳をつくり、中央の主稜は、剱とともに精鋭クライマー魅了する岩壁立て穂高山群で、この山脈の最高点奥穂高岳・3,190m)に達するが、ここから高度を下げ活火山焼岳やけだけ)に至る。さらに南方離れ乗鞍のりくら)岳があり、公園南端となっている。

高山に見られる氷河時代の痕跡

写真:ライチョウ
ライチョウ

これらの山稜の間には、黒部川高瀬川(あずさ)川、蒲田川などの急流流れ、特に黒部川は、途中ダム途切れるが、上廊下下廊下という、日本の谷を代表する深く長大峡谷をつくっている。また、梓川横尾から大正池までの間は勾配がゆるく広い河床を持つ。ここに開け盆地状の平坦地上高地かみこうち)で、穂高岩稜ケショウヤナギ河畔林清流がつくり上げた自然は迫力と整った繊細美しさ併せ持ち日本自然景観中の白眉といってよいものである

この公園高山には、氷河時代痕跡少なくない立山薬師槍・穂周辺などのカール圏谷小規模氷河がつくった円形の浅い谷)や、より大きな氷河が削った槍沢などのU字谷代表的である。

生物では、ハイマツ多種類の高山植物ライチョウ高山チョウなど、高山特有の生物をはじめ、イヌワシクマタカツキノワグマカモシカなど、生態系の上位にある大型鳥類哺乳類が、生態系豊かさ示している。

写真:室堂山での夏スキー
室堂山での夏スキー

山岳のうち、立山標高2,400m室堂むろどう)まで、乗鞍岳は2,700mの畳平(たたみだいら)まで車道があり、高山帯自然に容易に接することができる。また、黒部ダム立山を結ぶアルペンルート、乗鞍白馬などの山麓高原地帯宇奈月うなづき)、白骨(しらほね)、平湯(ひらゆ)、新穂高など豊富な温泉山麓山腹にある各地スキー場にも、多く利用者がある。

また、マイカー規制初め導入されたのは上高地であり、現在上高地のほか、立山乗鞍岳でもそれぞれ独自の方法行われている。

マイカー規制

写真:シャトルバスに乗換え。沢渡(さわんど)
シャトルバス乗換え沢渡(さわんど)]

マイカー普及した昭和40年代上高地などでは駐車場からあふれた車両河原森林内へ乗り入れ植生への影響や、排ガスによる樹木衰弱をはじめ、交通渋滞来訪者快適性低下を招いた。

そのため昭和50年夏に中ノ湯〜上高地間の県道バスタクシー及び業務用許可車両以外の一般車通行禁止された。その成功を受けて、以後マイカー規制各地に広がった。上高地では現在規制通年行われ平成16年からは夏期観光バス規制も始まっている。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク


中部山岳国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/26 15:38 UTC 版)

中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがくこくりつこうえん)は、長野県岐阜県富山県新潟県にまたがる飛騨山脈北アルプス)を中心とした国立公園




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 中部山岳国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2011年12月10日閲覧。
  2. ^ 中部山岳国立公園”. 環境省. 2011年12月10日閲覧。
  3. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、170頁
  4. ^ ウォルター・ウェストン 『日本アルプスの登山と探検』 青木枝朗訳、岩波書店、1997年6月。ISBN 4003347412
  5. ^ a b 山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳・上高地 (2011)
  6. ^ 上高地:北アルプスの観光シーズン幕開け 河童橋で開山祭”. 毎日新聞社 (2010年4月27日). 2011年12月13日閲覧。
  7. ^ 国指定文化財等データベース(立山室堂)”. 文化庁. 2011年12月13日閲覧。
  8. ^ 歩いてみたい日本の名山 (2004)
  9. ^ 北アルプス自然図鑑 (2004)、6-7頁
  10. ^ 乗鞍山麓 五色ヶ原”. 五色ヶ原の森運営共同事業体. 2011年12月13日閲覧。
  11. ^ 大町山岳博物館”. 大町市. 2011年12月13日閲覧。
  12. ^ 立山自然保護センター”. 富山県. 2011年12月13日閲覧。
  13. ^ 欅平ビジターセンター”. 富山県. 2011年12月13日閲覧。
  14. ^ 飛騨・北アルプス自然文化センターについて (PDF)”. 岐阜県 (2007年6月). 2011年12月13日閲覧。
  15. ^ 乗鞍自然保護センター”. 乗鞍自然保護センター. 2011年12月13日閲覧。
  16. ^ 『自然公園の手引き』2005年
  17. ^ 中部山岳国立公園”. セブンイレブン記念財団. 2011年12月13日閲覧。
  18. ^ 白馬連山(しろうまれんざん)高山植物帯”. 農林水産技術情報協会. 2011年12月12日閲覧。
  19. ^ 地図閲覧サービス・白馬連山高山植物帯(特)”. 国土地理院. 2011年12月12日閲覧。
  20. ^ 国指定文化財等データベース(白馬連山高山植物帯)”. 文化庁. 2011年12月12日閲覧。
  21. ^ 地図閲覧サービス・薬師岳の圏谷群”. 国土地理院. 2011年12月12日閲覧。
  22. ^ 国指定文化財等データベース(薬師岳の圏谷群)”. 文化庁. 2011年12月12日閲覧。
  23. ^ 国指定文化財等データベース(上高地)”. 文化庁. 2011年12月12日閲覧。
  24. ^ 国指定文化財等データベース(白骨温泉の噴湯丘と球状石灰石)”. 文化庁. 2011年12月12日閲覧。
  25. ^ 国指定文化財等データベース(黒部峡谷 附 猿飛並びに奥鐘山)”. 文化庁. 2011年12月12日閲覧。
  26. ^ 国指定文化財等データベース(ライチョウ)”. 文化庁. 2011年12月13日閲覧。
  27. ^ 国指定文化財等データベース(カモシカ)”. 文化庁. 2011年12月13日閲覧。
  28. ^ 北アルプス自然図鑑 (2004)、184-188頁
  29. ^ 日本の国立公園 (2007)、32頁
  30. ^ RDB種情報(動物)種の詳細情報 - ライチョウ”. 環境省. 2011年12月12日閲覧。
  31. ^ 北アルプス自然図鑑 (2004)、144-155頁
  32. ^ 日本の国立公園 (2007)、33頁
  33. ^ 栗田貞多男 『信州の蝶』 信濃毎日新聞社、1996年5月、15頁。ISBN 4784096108
  34. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ミヤマモンキチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年12月12日閲覧。
  35. ^ 北アルプス自然図鑑 (2004)、122頁
  36. ^ 国立・国定公園特別地域内指定植物 (PDF)”. 環境省. 2011年12月10日閲覧。
  37. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、147-169頁
  38. ^ 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月。ISBN 4-635-09019-1
  39. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、154-169頁
  40. ^ 日本百名山 (1964)
  41. ^ 『山と溪谷2011年1月号付録(山の便利手帳2011)』 山と溪谷社、2010年12月、149-164頁、ASIN B004DPEH6G。
  42. ^ 焼岳の火山活動解説資料(平成23年11月) (PDF)”. 気象庁 (2011年11月). 2011年12月13日閲覧。
  43. ^ 乗鞍岳の火山活動解説資料(平成23年11月) (PDF)”. 気象庁 (2011年11月). 2011年12月13日閲覧。
  44. ^ 上高地・槍・穂高 (2000)、277頁
  45. ^ 上高地・槍・穂高 (2000)、204-205頁
  46. ^ 中部山岳国立公園・基礎情報”. 環境省. 2011年12月13日閲覧。
  47. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月18日閲覧。)


「中部山岳国立公園」の続きの解説一覧





中部山岳国立公園と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

中部山岳国立公園に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中部山岳国立公園」の関連用語

中部山岳国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

雲仙天草国立公園

南アルプス国立公園

大山隠岐国立公園

支笏洞爺国立公園

瀬戸内海国立公園

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園

秩父多摩甲斐国立公園





中部山岳国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般財団法人自然公園財団一般財団法人自然公園財団
Copyright 2016 一般財団法人 自然公園財団 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中部山岳国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS