中央分離帯とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 中央分離帯の意味・解説 

ちゅう おうぶんりたい -あう- [0] 【中央分離帯】

高速道路などで,往路復路の間に設けられる帯状地帯正面衝突よけのためで,道路より高くし,植木などを植える。

中央分離帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/23 14:02 UTC 版)

中央分離帯(ちゅうおうぶんりたい)とは、「車道を往復の方向別に分離するため、その中央部に設けられる地帯」のことである(一般自動車道構造設備規則第一条第六号)。




「中央分離帯」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

中央分離帯に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中央分離帯」の関連用語

中央分離帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銅器竹

松原海水浴場

紙水分計

白鉛鉱

室戸阿南海岸国定公園

日陰樹

内之尾

酪農教育ファーム





中央分離帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2015 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央分離帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS