与謝 蕪村とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 与謝 蕪村の意味・解説 

よさぶそん 【与謝蕪村】 ○

1716~1783) 江戸中期俳人画家摂津生まれ本姓谷口,のち与謝氏。別号,宰夜半亭画号長庚春星・謝寅など。池大雅と「十便宜図」を合作するなど日本文人画大成する一方俳諧早野巴人(はじん)学び,「景気叙景)」「不用意即興)」「高邁洒落離俗)」をに,写実的古典趣味的・浪漫的俳風形成した。晩年中興俳壇あきたらず,「俳力(俳諧性)」の回復唱え,「磊落自在性)」の境地志向した。編著新花摘」「夜半楽」「此ほとり」「昔を今」など。

与謝蕪村

読み方よさ ぶそん

江戸中期俳人画家摂津生。姓は谷口、のち与謝俳号を宰・宰夜半亭等、画号四明・朝滄・長庚春星晩年謝寅と号する夜半亭宋阿俳諧学び、絵は各派中国画舶載画譜により画法修得し独自の画風固め池大雅と共に活躍した。天明3年(1783)歿、67才。

与謝蕪村

与謝蕪村の俳句

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉
 

与謝蕪村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/18 03:53 UTC 版)

与謝 蕪村(よさ ぶそん、享保元年(1716年) - 天明3年12月25日1784年1月17日))は、江戸時代中期の日本俳人画家




  1. ^ 別冊太陽、与謝蕪村 画俳ふたつの道の達人、平凡社、p.170、2012。
  2. ^ 山形大学名誉教授、杉浦守邦(公衆衛生学)の鑑定による。
  3. ^ 読売新聞 2015年10月15日 36面掲載。
  4. ^ 著者は『蕪村』(岩波新書、2000年)、評伝『蕪村余響 そののちいまだ年くれず』(岩波書店、2011年)がある。
  5. ^ なお「蕪村全集」は大正期に潁原退蔵(尾形の岳父にあたる)が編み、有朋堂書店(全1巻、初版1925年)で出版。
  6. ^ ワイド版岩波文庫も刊。旧版は潁原退蔵編・校注。


「与謝蕪村」の続きの解説一覧





与謝 蕪村と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「与謝 蕪村」の関連用語

与謝 蕪村のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

杉内 雅男

鳴門の渦潮

地方自治法施行60周年記念 宮城県分 1,000円銀貨幣

ソーヴィニヨン・ブラン

広帯域移動無線アクセスシステム

73式装甲車

東西線50系車両

8800形





与謝 蕪村のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2017 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの与謝蕪村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS