不登校とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 不登校の意味・解説 

ふ とうこう -とうかう [2] 【不登校】

児童生徒学校に行かない状態。何らかの理由積極的に登校しないことを選択する場合もあるが,心理的抵抗感から登校しない場合が多い。登校拒否

不登校(ふとうこう)

学校長期間にわたり欠席する状態にある児童生徒

いじめ、体罰対人関係問題などさまざまな理由により、長期間学校に行かない、または行きたくても行けないという状態である。病気経済的理由学校を休む場合除外される。

文部省は、毎年学校基本調査の中で不登校の統計取っている。この調査によると、不登校の割合年々増えつづけ、1999年度の小中学生では合わせて130,208人の児童生徒年間30日以上も欠席した不登校だった。

学校基本調査における不登校は、「何らかの心理的情緒的身体的、あるいは社会的要因背景により、登校しない、あるいはしたくともできない状況にある者」と定義されている。1998年度の調査から、「学校嫌い」という名称を「不登校」に改めた。

不登校になると、引きこもり社会適応性の面で問題になるとされ、スクールカウンセラー設置などの対策が取られている。しかし、中学生では1学級1人の不登校生徒がいる計算となり、さらに統計グレーゾーン例え欠席理由病気として数えるなど)も含めて考えると、実態はより深刻である。

フリースクールなどの登場もあり、一律義務化している学校教育あり方を見つめる一つ機会であると言える

(2000.08.06更新


不登校

読み方ふとうこう
別名:学校恐怖症,登校拒否

何らかの原因背景により児童生徒長期間登校しないあるいはできない状況にあるため、年間30日以上欠席した者。

 文部科学省では不登校を「何らかの心理的情緒的身体的あるいは社会的要因背景により登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち病気経済的理由よるものを除いたもの」と定義しています。
 文部科学省平成18年度の調査によれば、不登校の児童生徒数は12万人を超えています。不登校の原因学校起因するもの(友人関係、教師との関係、学業不振など)が多く近年推移では原因いくつも存在している「複合」が増加しています。さらに、学習障害注意欠陥他動障害なども不登校の原因ではないか、と注目集めています。
 文部科学省民間団体地域学校などが連携してその対応に努めると同時に早期発見早期対策のための施策支援などを行っています。


不登校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 05:23 UTC 版)

不登校(ふとうこう)は、学校登校していない状態のことである。登校拒否(とうこうきょひ)とも称される。日本における「不登校」の語については、研究者専門家、教育関係者らの間に全国的に統一した定義がなくきわめて多義的である。


  1. ^ 年度間に連続または断続して30日以上欠席した児童生徒のうち不登校を理由とする者について調査。ここで「不登校」とは、何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しない、あるいは、したくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的理由によるものを除く)とされている。
  2. ^ パーセンテージは不登校児童生徒数に対する割合
  3. ^ ただし、学校側がいじめを十分に把握していない可能性も残る。
  4. ^ パーセンテージは不登校児童生徒在籍学校数に対する割合
  5. ^ DSM-IV-TR 「症状は、臨床的に著しい苦痛、または、社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。」
  6. ^ これら3つの診療科は概ね同じものである。「精神科」および「神経科」は、精神疾患を対象とする診療科である。また、個人開業の医院(クリニック)で「心療内科」と称しているものは、「精神科」とほぼ同じである。他に、「精神科」の別称として「精神神経科」などがある。なお、「神経内科」は「精神科」とは別の診療科である。
  7. ^ 身体の病気が無いのに身体の不調を訴えること。
  8. ^ これらはDSM-IV-TRで「不安障害」のカテゴリに含まれているもの。
  9. ^ DSM-5から登場した診断基準。DSM-IVで「広汎性発達障害」とされていたものとほぼ重複する。
  10. ^ 発達障害と精神遅滞はICD, DSMなど現在の診断基準では精神疾患に含まれる。
  11. ^ 軽症うつ病においては必ずしもこの限りではない。「日本うつ病学会治療ガイドライン Ⅱ.大うつ病性障害 2012 Ver.1」 p. 25. 参照
  12. ^ ただし、私立小・中学校の不登校児童の医療機関受診率は22.0%であり、公立の7.2%、国立の12.3%と比較して際立って高い。
  13. ^ DSM-5から登場した「自閉症スペクトラム障害」とほぼ重複する。
  14. ^ 学年を設けず、決められた単位を修得すれば卒業できる高等学校。定時制、全日制を問わず増加している。通信制高校も基本的に単位制である。「学年制と単位制」の項目を参照のこと。
  15. ^ 全日制高校であっても、定時制の単位制高校と同じ程度かそれ以上に中退率の高い学校があることに注意。例えば、東京都では、中退率が10%以上の全日制普通科の都立高校が15校ある。 出典:「都立高校と生徒の未来を考えるために-都立高校白書(平成23年度版)」
  16. ^ 前掲の文科省調査では、全日制の単位制高校の中退率は1.2%であり、全日制全体の平均1.2%と同程度である。また、全日制の単位制高校の不登校率は1.7%であり、全日制全体の平均1.2%よりわずかに高い程度である。
  17. ^ 同じ統計には、定時制高校の卒業者の進路についても記載されているが、定時制の単位制に限定したデータでは無いため省略する。
  18. ^ これはあくまでもWikipedia上の分類であり、公式の名称ではない。
  19. ^ 特別支援学校」のことではない。
  20. ^ 例えば、科学技術学園高等学校のインターネット学習では数学IIIが開講されている。
  1. ^ ここまで。「中学生不登校 生活苦も原因 保護世帯の1割 東京・板橋」 『毎日新聞』 2009年1月30日付.
  2. ^ 文部科学省 「平成24年度 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」 p. 49.
  3. ^ a b c d e ここまで。文部科学省 「平成24年度 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
  4. ^ ここまで。青砥恭 「不登校、ひきこもりは心の問題にとどまらない」 WEDGE Infinity, 2012年9月12日.
  5. ^ ここまで。「中学校不登校が過去最少 宇都宮市の昨年度不登校まとめ」 『下野新聞』 朝刊 12月25日付.
  6. ^ ここのみ。厚生労働省 「こころのバリアフリー宣言 ~精神疾患を正しく理解し、新しい一歩を踏み出すための指針~」 平成16年3月 pp. 4, 6.
  7. ^ ここのみ。Garland 1994.
  8. ^ 出典との用語の異同については、 針間博彦 「精神病性障害関連用語の再検討」, 2013. を参照のこと。
  9. ^ ここまで。傳田健三, 「児童・思春期うつ病のマネージメント」, p. 2.
  10. ^ ここまで。傳田健三, 「子どものうつ:発達障害の視点から」 『広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要』, 第11巻, 2012, p. 18.
  11. ^ 傳田健三, 「小・中学生の抑うつ状態に関する調査:Birleson自己記入式抑うつ評価尺度(DSRS-C)を用いて-児童青年精神医学とその近接領域」, 2004, pp. 424-436.
  12. ^ Harrington, R. C., “Affective disorders,” Child and Adolescent Psychiatry: Modern Approaches, 3rd ed., In M. Rutter, E. Taylor, and L. Hersov (ed.), Blackwell Scientific, Oxford, 1994, pp. 330-350.
  13. ^ 不登校に睡眠障害が関連 子供の生活習慣検討委員会” (Japanese). 教育新聞 (2014年10月30日). 2015年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月9日閲覧。
  14. ^ ここのみ。『メルクマニュアル医学百科 家庭版』 オンライン版 「知的障害」 原書最終査読/改訂月 2006年10月.
  15. ^ ここまで。厚生労働省 「心の健康問題の正しい理解のための普及啓発検討会報告書 ~精神疾患を正しく理解し、新しい一歩を踏み出すために~ 」 平成16年3月 p. 7.
  16. ^ ここまで。Kessler 2005.
  17. ^ Kim-Cohen et al. 2003.
  18. ^ Goldberg et al. 2001.
  19. ^ ここまで。[1]
  20. ^ Sadock, B. J., Sadock, V. A., Ruiz, P., Kaplan and Sadock's Comprehensive Textbook of Psychiatry, 9th ed., Lippincott Williams & Wilkins, 2009.
  21. ^ 齊藤万比古編集 『発達障害が引き起こす不登校へのケアとサポート』 学研教育出版 2011年 ISBN 4054050263 p. 27.
  22. ^ ここまで。文部科学省 「今後の高校教育の在り方に関するヒアリング(第2回)配布資料・議事録」 飯山昌幸氏発表資料 平成22年11月30日 p. 5.
  23. ^ a b ここまで。「【特集】元祖単位制高校にみる情報科授業」 Helpfulnotes教育通信 2013年12月25日閲覧.
  24. ^ ここまで。東京都立新宿山吹高校 公式ウェブサイト 2013年12月25日閲覧.
  25. ^ 『朝日新聞』 夕刊, 2006年7月8日付.
  26. ^ ここまで。文部科学省 「平成23年度 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」 pp. 62, 76.
  27. ^ ここまで。内閣府 「若者の包括的な自立支援方策に関する検討会(第5回)」 配布資料 資料2 2004年12月21日.
  28. ^ ここまで。文部科学省 「平成24年度 学校基本調査」
  29. ^ ここまで。「平成24年度 高等学校教育の現状 参考資料5」 pp. 24, 26.
  30. ^ 文部科学省 「中央教育審議会 初等中等教育分科会 高等学校教育部会(第6回) 議事録」 小谷教育制度改革室長の発言 2012年3月9日.
  31. ^ ここまで。「就活コンサルタントが断言 優秀な人事マンは採用時、 出身高校名を必ずチェックします」 『プレジデントファミリー』 プレジデント社 2010年11月号
  32. ^ ここまで。「人事マンは新卒採用で高校名重視する 内部進学や推薦・AO入学に厳しい目」. J-CASTニュース. 2011年12月26日付. 2014年1月10日閲覧.
  33. ^ 入試面接0点、なぜ 今年医学部不合格『採点基準は』」. 朝日新聞デジタル. 2012年12月24日付. 2014年1月5日閲覧.
  34. ^ ここまで。『朝日新聞』 2012年8月19日付.
  35. ^ 「不登校児童生徒を対象とする学校に係る教育課程の弾力化」について 文部科学省


「不登校」の続きの解説一覧

不登校

出典:『Wiktionary』 (2009/10/15 01:41 UTC 版)

名詞

(ふとうこう)

  1. 学校通っていないこと。
  2. 何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会要因背景により、児童生徒登校しないあるいはしたくともできない状況にあること (ただし、病気経済的な理由よるものを除く)。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「不登校」の関連用語

不登校のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フシスジモク

ブレーキレバー

ハエドクソウ

カワアイサ

丹後天橋立大江山国定公園

ユリヤガイ

岳の棚田

BRUTALE Racing GARA





不登校のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不登校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不登校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS